介護職へ転職

介護 転職

介護職に未経験40歳(40代)で転職する前に知っておきたいこと

40代 転職希望の男性
40代、未経験でも働けそうな仕事を考えていて介護職はどうかなって・・・知り合いも40代で介護施設に未経験で転職したから可能性はあるよね。でも実際、40歳を過ぎて転職する場合、メリット・デメリット、他にどういったことを知っておくと良いのだろう・・・ていうか、求人はどうやって見つけたら良い?
40歳を超えて、何らかの事情によって転職、再就職先を探さなければならない、となると色々と悩む方も多いと思います。

今までの経験を活かして、それほど年収を下げずに転職できると良いのですが、40代の転職はマネジメント経験や専門性が無いと難しいです。

30代の頃、10社求人に応募して半数以上は面接に進めていた方も、40代の転職活動では全滅、面接に辿り着けない・・・といったケースは多いです。

そうした場合、転職活動の方針としては「40代、未経験でも転職できる業界・職種」で探そう、ということになると思います。

未経験40代でも転職できる仕事の一つが、介護職です。

実際、40代で介護職への転職をお考えになっている方も多いと思います。

この記事では、介護職に未経験40歳(40代)で転職する前に知っておきたいことをご紹介します。

介護職に未経験40歳(40代)で転職は可能

40代未経験で介護職へ転職

結論からいうと、介護職に未経験40代で転職は可能です。

実際に私の知り合いで転職した人がいます。

それに私自身も一時期は、今までの経験を活かした転職先が見つからないようであれば、介護職への転職もありかなと思い、かなり真剣に情報収集をしていました。

また、具体的に40代でもOKの介護職求人を探していたものでした。

介護業界は人手不足という状況もありますし、40代はメインの働き手として需要が高い年代です。

40代の転職活動で重要なのは、長く働ける、自分に合った仕事、職場を見つけることです。

この年齢で早期退職、転職回数が増えることになると再就職がどんどん厳しい状況となっていってしまいます。

早期退職の回数が増えてしまうと、それこそ目も当てらない状況になりかねません。

介護職に限りませんが、40代で未経験の仕事に転職をする場合には、長く働く気持ちを固めてから応募をすることが大切かなと思います。

求人を見つける方法としては、

といった未経験OKの介護職求人を扱っているエージェントを利用する方法がおすすめです。

サポートしてもらいながら、仕事探しをするのが良いでしょう。

未経験40代で介護職に転職できる理由

未経験で介護職に転職する

一般的に考えると、40代を過ぎるとキャリアチェンジは難しいです。

未経験で異業種転職を目指すのは難易度が高くなります。

しかし、人手不足で困っている業界であれば採用して貰える可能性はあります。

その一つが、介護業界です。

人手不足で求人数が多い

高齢化社会が進み、今後もさらにますます多くの介護施設が必要となり、介護職は人手不足が加速すると言われています。

今後、2025年までに介護職員は約30万人不足すると言われています。

そうした状況があり、さらには現在としても人手不足のために未経験者歓迎で介護職員の募集を行っている施設が多いのです。

40代はバリバリ活躍できる年代

介護業界が40代の未経験者でも転職しやすい事情としては、各施設で活躍する人材の年代も関係しています。

高卒や大卒など新卒で就職する方もいますが、介護職員として働くのは多くは中途採用の方です。

正社員、パートの方を中心として派遣社員で構成されている施設も多いでしょう。

40代の介護業界未経験者が多く働き、50代の方も多数働いています。

特に中心となっているのは40代の主婦と言われます。

家事スキルがあり、人柄が問題なければ採用される可能性はとても高いと言えます。

高齢者を相手とする仕事ですから、20歳前後、20代だと若すぎて・・・といったことも。

40代はある程度人生経験を積んでいますし、親の介護を経験した方も意外と多いです。

そうしたこともあり、40代を主戦力として応募を歓迎している介護施設は多いと言えます。

40歳を超えて未経験転職するなら介護業界はあり

40代男性の転職

40歳を超えて、40代後半であっても未経験、異業種転職を目指すのに介護業界は十分可能性があります。

仕事探しの条件として、長く働けること、手に職を持てること、などもあると思います。

体力的にも、大変なことは大変ですが60代の方でもお仕事をされている方もいるように、そこまで過酷とはいえないでしょう。

仕事内容がどうしても合わない場合には、続けるのが厳しいとは思いますが、介護の仕事は今後も需要が増えますし安定して働くことができます。

介護施設はたくさんありますし、新規オープン、オープニングでの職員募集という機会もあるでしょう。

また資格を取得さえすれば、採用の確率は各段に上がります。

もし住む場所が変わったとしても、介護職として仕事を見つけやすいというメリットもあります。

40代で未経験で転職を目指す場合、選択肢としてはありではないでしょうか。

40代未経験の転職におすすめの介護施設

とはいえ、40代で未経験の仕事に転職を考えたとき、不安も多々あると思います。

転職してやっていけるのだろうか・・・

といったことです。

ただ、介護業界は40代で転職してくる方も多いので、年齢的な不安についてはそこまで心配することはないかもしれません。

職場によっては上司が年下、ということは十分あり得ますので、そこは理解しておくことは必要かもしれないです。

仕事自体、やっていけるのだろうかという不安もあるかもしれません。

そこで、40代未経験の転職におすすめの介護施設をご紹介します。

有料老人ホーム

介護業界が未経験、仕事に不安がある方におすすめの職場は、有料老人ホームです。

有料老人ホームは利用者に対する職員の配置が3対1や2対1などとなっています。

そのため、職員数が多い施設が多いです。

職員数に余裕がある施設で働くことができれば、仕事もしっかりと教えてもらえるでしょう。

有料老人ホームで経験を積んで、それから改めて働き方、どういった介護を学んでいきたいかを考える、といったこともできます。

特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム、特養は40代の未経験者を採用している施設も多く、就職先としても介護の基礎を学ぶことができるため、おすすめといえます。

40代から介護に飛び込んだ同じような未経験者が多い職場も多く、その場合には働きやすさもあるでしょう。

夜勤が必要な職場多いため、夜勤必須を前提に考えておくことが必要です。

老人保健施設

老健は病院と自宅の中間施設となります。

自宅へ戻ることを前提としてリハビリテーションを行います。
介護技術に加えて、リハビリ知識も身に付けることができることが特徴です。

他の介護施設と異なり、医師や看護師が常駐していることも特徴といえます。

40代未経験者を積極的に採用している老健もありますから、仕事内容に興味がある場合には、求人情報を集めてみるとよいでしょう。

デイサービス

通所施設です。

デイサービスは比較的元気な高齢者が通う日帰りの施設です。
日帰りですから、夜勤はありません。

利用されている方も基本的にはご自宅で生活できる方が多いですから、そこまで介護は必要ないことが特徴です。

デイサービスによって様々な機能を持っています。

リハビリテーション専門、入浴あり・なし、など様々なデイサービスがあります。

職員数は特別養護老人ホームや老人保健施設と比べると、少ないため未経験者歓迎を探すのに苦労される地域もあるかもしれません。

夜勤無しでプライベートの時間を確保しやすいのはメリットかと思います。

半面、夜勤が無いために給料が安いことがデメリットとなります。

また利用者の送迎がありますから、普通免許が必須の求人も多く見られます。

40代 未経験で介護職に転職するメリット

介護職へ転職するメリット

40代で他の仕事から介護職に転職するメリットには、次のようなものがあります。

40代以降、年齢が上がっても仕事が見つかりやすい

介護業界は人手不足が今後も続くと考えられており、経験のある介護職の需要は高いです。

また資格を取得すれば、さらに市場価値が高くなり仕事が見つからない、といったこともなくなるでしょう。

体力的に問題がなければ、60代でも活躍できる仕事です。

年齢を重ねると、夜勤が辛くなってくる方も多いようですが、夜勤無しの職場もあります。

給与との兼ね合いもあるとは思いますが、働き方を選ぶことも可能です。

40代、50代と年齢が上がっても仕事が見つかりやすい、という特徴はなかなか他の業界・職種には無いといえると思います。

働き方を選ぶことができる

正社員、常勤で働く場合にはなかなか難しいかもしれませんが、介護職は施設を選ぶことで、働き方も選びやすくなります。

パートや派遣といった雇用形態であれば、かなり融通の利いた働き方が可能です。

午前中のみ勤務、土日祝は休み、10時~15時まで勤務、など。
希望条件でまずは派遣会社などの担当者に相談をしてみてください。

ただし、未経験者が最初に介護職として働き始める際、無資格・未経験の場合には、夜勤にも積極的に入れることがアピールとして重要となります。

最初は勤務条件を付けずに働き、経験を積んだり、資格取得を目指すのが良いでしょう。

家庭と両立することも十分可能と言えます。

同じ40代の人が多く働いている施設が多い

介護業界では、40代で未経験から転職してくる人も多いため、同年代と一緒に働く機会が多いです。

一般的に考えれば、40代は管理職、マネジメント経験が求められますから転職は非常に難しい年代です。

しかし介護職は、未経験者も多くともに学び成長していく同僚ができることもあります。

40代で転職、という年齢をあまり気にすることなく働けるのはメリットといえるでしょう。

安定した収入を得られる

介護の仕事は需要が消えることはまず考えられませんし、今後はさらに需要が高くなる業界です。

平均年収が決して高いとはいえませんが、不景気であっても安定して収入を得られることは、メリットといって良いのではないでしょうか。

介護職の待遇改善も少しずつ進んでおり、年収の相場も徐々に上がってきてはいます。

40代から介護職になっても、キャリアアップを目指せる

40代、未経験で介護職に転職した場合でも、資格取得を目指すなどでキャリアアップをしていくことが可能です。

介護福祉士になるには、3年以上の実務経験が必要ですが、年齢的にもまだまだ大丈夫です。

その後は、認定介護福祉士を目指す、ケアマネージャーを目指すなど仕事をしていく過程で目標を定めることもできます。

月収を考えても、資格取得は大きなメリットがあります。

無資格と介護福祉士では月給で約5万円ほど差がつく施設が多いです。

年収にして約60万円の金額差となりますから、介護業界で年収アップを目指すには、資格取得は必須と言えます。

40代 未経験で介護職に転職するデメリット

介護職へ転職するデメリット

では逆に、40代で介護職に転職するデメリットについてみていきましょう。

体力的に大変な可能性

介護職の仕事は、体力が必要です。

高齢者の支援には注意も必要になりますから、そうした疲れもあります。

移乗介助は特に腰を酷使するため、コツを掴むまでの間は特に体力的に厳しいと言われます。

それに加えて夜勤にも入るようになると、さらに体力的な厳しさを感じる介護職が増えるようです。

夜勤手当があるので、そうしたことを支えとして乗り切る方も。

介護職の仕事に慣れるまで、慣れてからも体力的には大変で休日は体力回復を重視する必要があるかもしれません。

給料が低く、前職よりも年収ダウンする可能性

未経験で介護職として転職した場合、新人と同じ給与からスタートする可能性があります。

月給20万円といった額面で生活できるかを悩む方も多いかと思います。

夜勤に入り始めると夜勤手当がついて月給は増えますが、それでも年収300万円前後といったところでしょう。

前職よりも年収が100万円ダウン、200万円ダウン、といった方も少なくないと思います。

生活を考えてみて、年収ダウンの許容範囲かどうかは、よく考える必要はあるかもしれません。

未経験、40代で介護業界に転職する時に大切なこと

40代、未経験で介護職として転職する場合、やはりこの仕事でずっと頑張っていく、と決めて働き始めることが重要ではないでしょうか。

人手不足の業界だから採用されやすそう、他に仕事が見つからないから仕方なく・・・といった気持ちでは、長く働くのは難しいでしょう。

楽な仕事ではないためです。

早期退職につながりかねません。

40代の職歴として、早期退職してしまうとかなり印象が悪いです。

そうならないように、介護職として転職を目指す場合には気持ちを固めてから転職活動を始める方が良いでしょう。

介護業界でキャリアを積んでいくという気持ちが大切と思います。

40代未経験で介護職に転職、不安な方には有料老人ホームがおすすめ

先ほどもご紹介しましたが、40代未経験で介護職への転職を目指す場合、働きやすい職場として有料老人ホームがおすすめです。

職員の人数が多めで、教育体制が整っているところ、職場の雰囲気が良いところ、などを見極めて応募されると良いでしょう。

介護職の離職率は職場の労働環境が大きいといえます。

未経験者が働きやすい、自分に合った職場を見つけることが大切です。

40代の介護職転職、希望の職場を見つけるために転職エージェントの活用を

未経験から介護職への仕事に就くための介護職の求人探し。

情報を得る方法は色々とありますが、転職エージェントの活用をおすすめします。

転職の知見・ノウハウがあるからです。

また、一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人も保有しています。

応募書類の添削、面接対策もサポートしてもらえるメリットは大きいです。

未経験40代におすすめ介護転職エージェント

未経験から介護職への転職を支援してくれる転職エージェントとして、以下をおすすめします。

これら転職エージェントには、多くの介護施設からの介護職求人が集まっており、その中から求職者に合った介護求人を紹介してくれます。

最後に、未経験40代の介護業界への転職活動の方法まとめ

今までの仕事は全くの畑違い、未経験の仕事への転職だから不安がいっぱいで・・・という方も多いと思います。

とはいえ、40代が未経験で転職しやすい仕事は少なく、介護職はなおかつ長く働くことができる仕事です。

人の役に立つ仕事でもあります。

自分に合った職場選びがとても重要です。

これから自分自身の老後がさらに年齢が上がっていくのは避けられません。

年金を少しでも多く貰うためにも65歳、下手をすると70歳まで働く必要がありそうです。

体力的な問題もありますが、長く働くことができる介護職への転職、色々な角度からご紹介をしました。

40代未経験での転職にも活用できる転職エージェントもありますので、ぜひ活用してみてください。

-介護 転職
-

© 2021 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5