未経験でも転職できる介護職

40代の転職

介護職は無資格・未経験でもできる。おすすめの職場

40代 転職希望の男性
介護職の仕事は無資格・未経験でもできる求人が多いよね。40代後半、どんな仕事がやりたいか迷ったけれど、昔から興味のあった介護の仕事を目指してみたいと思っていて。無資格・未経験でも働きやすい、おすすめの職場ってどうやって探したらいいんだろう?

介護職は未経験者歓迎の求人が多く、40代からでも転職を目指しやすい業界です。

しかし、そうはいっても何せ無資格・未経験。

いざ未経験OKの介護求人に応募しても採用されるかどうか自信がない・・・という方も多いのではないでしょうか。

またもし採用されて働き始めても、資格が無いことで肩身が狭い思いをしたり、といったことでもあると辛いですよね。

介護施設といっても様々あります。

その中には、本当に無資格・未経験でも歓迎、働きながら資格取得できるように支援してくれる施設もあります。

そうした無資格・未経験で転職して働きやすい、おすすめの介護施設の探し方についてもご紹介します。

介護職として、無資格・未経験で働くメリット・デメリットについても解説をしています。

これから資格なし、未経験で介護職として転職を目指す方の参考になればと思います。

介護職は無資格・未経験でもできる

介護職に転職

世の中には無資格・未経験でも働くことができる仕事はいくつかありますが、それも中高年になってからでも転職が可能な仕事、となると限られます。

介護業界は人手不足、だから未経験でも採用されやすい

その背景には、人手不足の状況があります。

厚生労働省「一般職業紹介状況(各月版)」によると、2021年7月「介護サービスの職業」有効求人倍率は3.64倍

全職業平均が1.02倍です。

深刻な人手不足の状況が続いています。

さらには、2025年約32万人、2040年約69万人の介護職員が不足する、といった試算もなされています・・・。

このように、将来的なことを考えて少しでも介護職、働き手を確保したいという思惑から、未経験者を採用している介護施設もあります。

介護職は無資格でもできる仕事

介護職への転職、不安な点

介護職への転職を希望するとして、資格が無くても本当に働けるのだろうか・・・?

と思っている方も多いかもしれません。

介護職の仕事、というと身体介護をイメージされる方は多いでしょう。

資格が無い未経験の新人がいきなり身体介護をすることはありません。

施設側も、そうしたリスクの大きな仕事をさせることは無いでしょう。

身体介護はしっかりと介護の知識、技術を身に付けてからでなければ、高齢者にケガをさせてしまう恐れもあります。

無資格・未経験で入職した新人は、利用者様の部屋や身の回りの掃除、ベッドメイキング、食事の配膳、洗濯、物品の買い出し生活支援、備品管理といった補助的な仕事から始めていき、徐々に介護の仕事自体に慣れることから始めるケースが多いでしょう。

資格がなくても介護福祉士の指示の下であれば、身体介護も行うことができます。

少しずつ知識、技術を身に付けながら、より難易度の高い仕事に慣れていくことができます。

無資格ではできない介護の仕事

無資格の介護職員ができない仕事があります。

それは、訪問介護の仕事です。

訪問介護事業所で訪問介護員(ホームヘルパー)としては、無資格では働くことができません。

それは、介護保険法によって、介護職員初任者研修修了以上の有資格者であることが必要と定められているためです。

無資格者の場合には生活援助はできますが、訪問介護の場合には、訪問する職員は基本1名です。

そのため、資格が無ければ訪問介護の仕事ができない、ということになります。

無資格・未経験で介護職になった後、資格取得を目指すべき理由

介護業界は人手不足。

そのため、資格なし未経験者でも採用されやすい、ということは本記事の冒頭でもご紹介しました。

しかし採用された後、ずっと無資格のままで働くことを考えている方は、少ないでしょう。

携わることができる介護業務も狭い範囲ですし、給料も安いためです。

介護職員初任者研修を取ると給与アップする

介護業界は資格取得によって月給が上がっていきます。

勤続年数が長くなることで年収アップも期待できますが、資格取得による給与アップも見逃せません。

資格手当の相場としては、介護職員初任者研修で月額5,000円~10,000円アップとなります。

介護施設によっては2万円近く、無資格者と有資格者の月給差があるようです。

年収で考えると、決して安くはない資格手当の金額です。

また介護職員初任者研修を取ることで、介護福祉士の指示がなくても、身体介護を行うことができるようになります。

資格を取得することで、確実にステップアップやキャリアアップを目指していける、ということが介護業界の特徴の一つと言えるでしょう。

資格取得すると、できる介護業務が増える

先ほどご紹介した介護職員初任者研修は、介護の基礎知識・スキルがあることを証明する介護業界の入門資格です。

介護職員初任者研修を取得すると、訪問介護が行えるようになります。

訪問介護の仕事ではなくても、施設によっては無資格者と有資格者の業務を分けていることが多いため、資格がある方が携わることができる介護業務が多いため、その分だけ経験を積んでいくことができます。

資格無しの状況が続くと、補助的な業務しかできず、いつまで経ってもスキルアップできないということになります。

そうすると、職場でも「使えない人」というレッテルが貼られてしまう可能性があり、最悪、職場に居づらくなり退職という結末になる可能性があります。

パートで短時間の勤務であればまだしも、正社員として採用されて、ずっと無資格、補助的な業務しかできないのは、どうかということになります。

資格取得によって資格手当も出ます。

無資格・未経験で介護職として採用された後は、できるだけ早期に資格取得を目指されることをおすすめします。

介護職の無資格求人はある?

実際、介護職の求人を探す際、無資格・未経験OKの求人は見つかるのでしょうか。

未経験からの介護転職に強い、かいご畑で実際に介護求人を調べてみました。

かいご畑

無資格・未経験OKの条件で求人を調べてみたところ、全体では約8,000件の求人が見つかりました。

エリアを「東京都」、そして職種を「介護士」に絞って探してみると、約1,000件の介護求人が見つかりました。

これだけを見ても、未経験者の需要は非常に高いということがいえます。

他のエリアでも想定以上に無資格・未経験OKの求人が見つかります。

もちろん、かいご畑の求人が手薄なエリアもありますから、その場合には、きらケアやカイゴジョブなどを利用されるのが良いでしょう。

介護職に無資格で就職するメリット・デメリット

これまで見てきたように、介護職は無資格でも働くことができます。

無資格で転職し、仕事を始めることはできますが、それでもやはり不安になることはあると思います。

「資格がないと仕事上、不利になることもあるのでは・・・」

仕事上、不利になるというよりもできない業務があります。

介護職としてキャリアアップを目指していくのであれば、いずれは介護資格は取得されるのがおすすめです。

ここでは、介護職に無資格で就職するメリット・デメリットについて、押さえておきたいと思います。

介護職に無資格で就職するメリット

未経験・無資格で介護職として働くメリットには、

  • 未経験でも採用されやすい
  • 年齢に関係なく活躍できる
  • 中高年から働き始めてもキャリアアップができる
  • 施設によっては残業時間が少なく働きやすい

といったことがあります。

未経験でも採用されやすい

介護職員の人手不足については、今後もより深刻さを増していくと考えられています。

現状でも人手不足、といえるのに将来的にはさらに人手が足りなくなるかもしれない・・・ということもあり、施設によっては積極的に未経験者を採用して、教育。

一人前の介護職として育てよう、ということで高い需要となっています。

そのため、未経験、無資格の求職者であっても人柄、人間性、志望動機などで採用してもらうことは十分、可能です。

年齢に関係なく活躍できる

介護職は年齢に関係なく、中途で転職して活躍することができる職種です。

中高年から転職してきて活躍されている方も多いです。

むしろ20代、30代は少なく、40代が中核となり50代、60代も活躍している、という施設もあります。

体力的に問題なければ、長く働くことができます。

中高年から働き始めてもキャリアアップができる

介護職は資格取得によってキャリアアップを目指していくことができます。

やる気次第で、年齢に関係なくキャリアアップが可能です。

介護職に無資格で就職するデメリット

未経験・無資格でも採用されやすい介護職ですが、無資格で働く場合には、デメリットもあります。

給与が低い、年収に差が出る

無資格で介護職に就職する場合、有資格者と比べて給料が低くなることが多いです。

無資格者と介護職員初任者研修を取得している場合とでは、約2万円の給与差が付くと言われています。

介護職員初任者研修は、介護業界における入門資格です。

その資格であっても、取得しているかどうかでこれだけの給与差が付くことになります。

勤務条件の良い職場に採用されにくい

無資格で高待遇の職場に採用されるのは、難しいといえます。

介護施設の多くは、できれば有資格者の経験者を採用したい、と考えています。

そのため、条件の良い職場の求人には有資格者も多く応募し、優先的に採用されるケースがどうしても多くなってしまいます。

無資格者は、待遇の良い職場からはどうしても採用されにくくなってしまいます。

まずは経験を積むこと、働きながら介護資格の取得を目指す、といった目標設定からそうしたことが実現しやすい職場を選ぶ、といったことで求人を探すと良いかもしれません。

資格を取得し、経験を積めば転職の選択肢は広がります。

最初は誰もが未経験、介護職として働き始めてみる

最初は誰もが介護の仕事未経験です。

資格に関しては、就職する前に介護職員初任者研修を取得している方も多いです。

当然ですが、資格はあった方が就職・転職には有利に働きます。

しかし、介護職は無資格・未経験からでも働きやすい状況が続いています。

職場選びをしっかり行えば、資格取得の支援も受けられます。

求人への応募を迷っている間に、時間がどんどん過ぎてしまう・・・といったことになると、経験を積む時期がそれだけ遅くなりますし、得られた給与も逃がしてしまう、ということになります。

応募を迷っているのであれば、思い切って飛び込んでみてはいかがでしょうか。

どうしても介護職の仕事が合わなければ、またその時は転職先を考えることもできます。

年齢的に選択肢が狭くなる方も多いかもしれませんが、無資格・未経験でも挑戦できる仕事はあります。

興味があるなら、介護職の仕事に挑戦してみてはいかがでしょうか。

人柄重視で採用してくれる介護施設は多いです。

介護 無資格・未経験でもできる、おすすめの職場

介護職の仕事、無資格・未経験でも働きやすい、おすすめの職場は次の記事中でご紹介しています。

40代、未経験でも転職できる、おすすめの職場ということでご紹介しています。

これから職場探しをされる方はぜひ参考にしてみてください。

-40代の転職
-,

© 2021 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5