介護職に転職

介護 転職

介護転職は40代未経験でもできる!転職成功のポイントとは

40代 転職希望の男性
40代、介護職への転職を考えているけれど、年齢的に大丈夫かな?遅くない?体力的に仕事についていけるか心配もあって・・・介護転職は40代未経験でも大丈夫?

40代で介護職に転職することは可能です

未経験者の介護転職を歓迎している施設も多く見つけることが出来ます。

  • 未経験歓迎
  • 年齢不問
  • 40代活躍中!

といった求人も多いので、40代でも十分に転職を目指せます

事情があって40代で転職をしなくてはならない、といった場合。
未経験で転職を目指せる仕事ってそう多くはありません。

また採用されやすいかどうか、といったことも気になるところです。

介護職は40代がまさに主力として活躍している施設、事業所が多いため40代は未経験でも採用されやすいと言えます。

この記事では介護転職を40代未経験が成功させるための、転職成功のポイントをご紹介しています。

合わせて未経験OKの介護職求人を探すために便利な、おすすめ転職サイトも掲載しています。

これから介護転職を目指している40代の方は、ぜひ活用してみてください。

介護転職は40代未経験でも大丈夫!

未経験から介護職に転職

これからどんな仕事をしようかな、と考えた時、転職しやすさをまず考える40代男性、女性は多いと思います。

生活のために仕事をしなければならない、という状況の方も多いと思うのですが、そうした時にやりたい仕事だから、とこだわって不採用が続くのは避けたい。

転職活動が長引くのは避けたい、と思っているのではないでしょうか。

早めに転職を成功させて稼ぎたい、安定した収入を得たい

そう考えると、

40代の未経験でも転職しやすい業界・業種

であることは、とても重要な転職先選びのポイントといえると思います。

そして介護職に転職を目指す際、主力として活躍しているのが40代の職員であることも見逃せないポイントです。

40代は介護業界ではまだまだ若手。
体力もありますし、ある程度、人生経験を積んできているためお年寄りとコミュニケーションを取りやすい年代でもあります。

10代、20代の介護職員の場合、ご利用者と上手くコミュニケーションを取れないケースもあり、そうした年の功は40代あたりから求められているといって良いかもしれません。

40代で介護業界に転職した場合、定年まで働くことを考えた場合、あと20年近く働くことができます。

管理職を目指すなど、キャリアアップも十分に可能です。

採用する施設側も、そうした長い活躍を期待しているでしょう。

40代は未経験であっても介護業界への転職は目指しやすいと言えるのです。

介護転職を40代が実現するための転職サイト

介護職として転職を目指す場合、未経験40代向けの求人が多く見つかる転職サイトを利用したいものです。

効率よく情報収集をすることが、転職活動を長引かせないためにも重要になります。

介護士の求人情報を掲載している転職サイトは数多くありますが、未経験歓迎の求人に強いところでおすすめをご紹介しますと、

などがあります。

40代の介護転職は複数サイトの利用がおすすめ

未経験OKの介護職求人を探す

短期間で転職先を見つけたい場合には、複数の転職サイトを利用してみてください。

得られる情報量が多くなりますし、それぞれ独自の介護求人を掲載していることがあります。

また応募も2、3並行して進めることをおすすめします。

1社応募して結果を待って次に応募する・・・といった転職活動をする場合、転職活動の期間がどんどん長期化する恐れがあります。

面接日、時間がバッティングしないように気を遣う必要はありますが、複数の介護求人への応募を並行させることで、転職活動を短期間で進めていくようにしましょう。

もちろん、焦って内定が出たところに決めるのではなく、しっかり情報収集をして自分に合った職場を選ぶことも早期退職しないために重要になります。

⇒ 介護職に未経験40歳(40代)で転職する前に知っておきたいこと

でも未経験歓迎の介護求人が多く見つかる転職サイトをご紹介しています。

また未経験で介護転職を目指す40代が知っておきたいポイント、注意点などもまとめています。

ぜひクリックしてご覧になってみてください。

40代の転職に介護職は実際、どう?

実際のところ、介護業界は人手不足ということもあり、40代の採用需要は高いと言えます。

例えば、厚生労働省が調査した

「第7期介護保険事業計画に基づく介護人材の必要性」

によれば、2025年には必要な介護職員の数に対して、供給できる見通しの介護職員の数が圧倒的に不足するという試算が出ています。

需給ギャップは34万人になると言われています。

34万人の介護職が不足するということです。

高齢者が増ていく中で、さらに人手不足が深刻になる。
そのため、介護施設の中には今から若手(30代、40代)未経験者を採用して育てる方針で中途採用を行っているところもあります。

それとともに、給料など待遇を改善し、離職率を低く抑える努力をしている介護施設、福祉法人、企業も増えてきています。

せっかく採用して育てても、より待遇の良い職場を求めて転職されてしまっては困る、ということです。

40代で未経験から介護職に転職して、仕事を長続きさせるためには職場選びが重要です。

特に、

  • 人間関係
  • 労働環境

は事前にできる限り情報収集をしたいところです。

面接でも話を聞くことが出来ますし、可能であれば職場見学をさせてもらって、働く職員の表情や動きなどをチェックできると良いですね。

エージェントタイプの介護転職サイトであれば、見学が可能かどうか、日程調整などもあなたの代わりに行ってくれます。

ぜひ活用してみてください。

⇒ 未経験40代におすすめ介護転職エージェント

40代が介護職に転職するメリット

40代未経験で介護職に転職する場合、メリットも多く挙げられます。

メリットがなければ、転職するのもなんだか気が重いですよね。

もちろんデメリットもあるのですが、メリットの方が多いです。

40代が介護職に転職するメリットをご紹介します。

介護業界は将来性がある

介護業界は、今後も市場が成長することが確実視される数少ない業界です。

またこれからの高齢化社会を見据えて国が介護職の待遇改善の旗振り役になるなど、今後の給料アップ、労働環境の改善なども期待することができます。

介護業界は年々、需要が高まっていますし景気に左右されずに働くことも特徴です。

景気が悪くなってリストラが広く敢行される業界で働くよりは、雇用の安定もあり働きやすさがあります。

キャリアアップを目指せる

介護業界で働く場合、40代であればまだまだ長く活躍できる年代です。

経験を積み、スキルを身に付け、資格を取得していくことで将来的に管理職やケアマネージャーなどを目指すことが出来ます。

資格取得することで資格手当が支給される施設は多いです。

昇進もしやすくなるでしょう。

経験者、資格所持者として転職もしやすくなり、転職によって年収アップを目指すこともできるでしょう。

50代になって介護職は体力的にキツイと感じてきたとき、かいごぎょうで他のキャリアを目指すことも可能になります。

40代で転職をしてキャリアアップを目指せる業界、というのもそれほど多くないと言えます。

そうした意味では、介護業界はキャリアアップを目指せる業界として、遣り甲斐を感じられる方も多いのではないでしょうか。

未経験歓迎の求人が多い

介護業界は未経験歓迎の求人(正社員も含めて)多いことが特徴です。

人手不足だからこその状況とも言えますが、未経験から転職を目指す方にとっては追い風と言える状況です。

50代の方も介護業界に転職をして活躍されています。

まして40代であれば、体力も覚えもまだまだ良い年代といえるでしょう。

その分、採用需要がありますので挑戦する気持ち、学ぶ気持ちがあれば転職は十分に可能と言えます。

未経験から介護職員として働き始め、介護職員初任者研修を取得、その経験を積み、介護福祉士を取得してと、どんどんキャリアアップをしていくことも可能です。

その後、訪問介護やケアマネージャー、相談員などこれからのキャリアを考えていくこともできます。

40代、未経験から働き始めてキャリアを考えることが出来る業界、というのも介護業界で働くメリットだといえるでしょう。

40代が介護職に転職するデメリット

メリットばかりではなく、40代が介護職に転職するデメリットもあります。

転職を目指す際、事前にデメリットについても理解しておくことで、

「こんなはずじゃなかった・・・」

と後悔することを防ぎやすくなります。

給料、年収が安いままの可能性

未経験で転職をした場合、どの業界でも同様ですが、給料が安いところからスタートすることが多いです。

年齢を考慮して、新卒と同じ給料、といったことはないかもしれませんが実際のところ、期待したほど高給与ではないでしょう。

給料、年収を上げるには経験を積み、資格を取得したり、役職に就くことが欠かせません。

逆に言うと、資格を取得できず役職に就けない場合には、給料が上がりにくいということです。

そうした可能性もある、ということは抑えておく必要があるでしょう。

上司が年下、人間関係で悩む可能性

40代後半で介護業界に転職をする方も多いと思います。

40代で転職をした場合、上司が年下といった可能性は十分にあります。

指示、指導をされた時、年下の上司からの言葉を素直に受け入れることができないかもしれません。

性格的に合う・合わないというのは実際問題、あるものです。

しかし、未経験から入職して働く場合、経験豊富な上司の指示、指導に沿って働くことで経験を積んでいくことが出来ます。

明らかに倫理的に反していると感じる場合は別ですが、素直にアドバイスなどには従って働くことが大切になってきます。

年下の上司との人間関係に悩んでしまうことになると、仕事を続けるのが難しくなることもありますから、素直に聞くという気持ちを持って転職をすることが大切になります。

介護職は体力が必要な仕事である

介護職は夜勤もあり、体力的に大変な仕事であることは間違いありません。

移乗介助、身体介助はとても重労働です。
腰や膝を痛めないように気を付ける必要があります。

また、夜勤も慣れるまでは疲れが取れず、体力的な辛さを感じることになります。

夜勤明けは無理せずしっかりと仮眠をとるなどが必要です。

体力的に大変な仕事だということを想定して、転職することが必要です。

40代未経験で正社員転職を目指すなら介護業界がおすすめ

介護職へ転職

40代で未経験業界に正社員として転職を目指すのであれば、介護業界がおすすめです。

もし、今までの経験を活かして転職を目指せるのでしたら、その方が給料も考慮してもらえるので高年収を維持しやすいのでは、と思います。

未経験の業界・業種に転職をすると、年収ダウンは基本的には避けられませんよね。

40代で未経験転職をする場合、高給与の仕事はなかなか見つかりません。

そうした40代の転職市場にあって、介護職は近年、待遇改善も少しずつ進んでおり平均年収も上がってきています。

令和2年度で介護職(正社員)の平均年収は約350万円でした。

介護業界は資格を取得することで手当てが付き、年収も上がっていく業界です。

40代であれば介護業界でキャリアアップを目指していくことは十分可能です。

経験年数に加えて、資格取得によるキャリアアップで年収400万円以上を目指すこともできます。

40代は介護業界ではまだまだ若手、主力として期待される年代です。

そのため、未経験でも介護職として転職を目指しやすい、ということも転職をおすすめする大きな理由です。

40代未経験が介護職への転職を成功させるためのポイント

介護職への転職理由

40代で未経験の方が介護職へ転職成功するためには、いくつかポイントを抑えることが大切になります。

次のようなポイントがあります。

転職の理由を明確に(介護職に転職する理由)

転職活動を成功させるには、転職理由を明確にすることが必要です。

次に働く職種として、介護職を選んだ理由とも言えます。

「自分でも採用してもらえそうだと思った・・・」

といった理由が本音かもしれませんが、

「人に役立つ仕事に就きたいと考えた」

「家族の介護の経験があり、介護の仕事に興味があった」

「専門的なスキルを身に付けて、長く働ける仕事に就きたかった」

など、介護業界で働くことに興味を持った理由を深堀してみましょう。

志望動機にもつながっていきますので、重要です。

情報収集を徹底的に行う

転職活動を始める前に、介護業界について徹底的に情報収集を行うことが大切です。

施設によって介護職の仕事内容も変わりますし、働き方も違います。

自分にとって無理と感じる働き方もあるかもしれません。
それは避けて、求人に応募することが大切ですよね。

施設形態も、

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービス

などがあります。

それぞれの働き方を事前に情報収集して、自分に合った施設を考えることが必要です。

思っていた働き方と違った、転職して働き始めてから後悔することが無いようにしましょう。

40代 介護未経験で転職する場合、介護資格は必要?

介護職として入門編の資格として、介護職員初任者研修があります。

実際問題として、この介護職員初任者研修を取得していると、未経験の方でも採用されやすくなります。

できれば、取得してから転職活動をスタートされることをおすすめします。

資格を取得しておくメリットとして、資格手当が支給される施設、事業所が多いということもあります。

初年度の年収をアップできますね。

少しでも手取りが多い方が良い、という方は転職活動を始める前に介護職員初任者研修を取得することも検討してみてください。

40代未経験で転職する介護職、どんなことが求められている?

40代未経験の介護職を採用する施設側としては、やはり真摯にまじめに利用者さんと向き合って、仕事をこなしてくれることを求めています。

また長く勤務して活躍してくれることも希望しています。

そうしたことを理解して、面接でもアピールすることで内定獲得の可能性を上げられる、と言うことになります。

転職活動を成功させるポイントは、採用側がどういった人材を求めているかを理解してアピールすることです。

あなたが伝えたいことは、相手(採用側)が期待することではないかもしれません。

相手のニーズを徹底的に情報収集をして考えることが、特に未経験からの転職には大切となってきます。

40代の介護転職におすすめ転職サイト

介護職として転職を目指す場合、未経験40代向けの求人が多く見つかる転職サイトの利用をおすすめしています。

といった転職サイトをご紹介しました。

ぜひ活用して転職を成功させてください。

-介護 転職
-,

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5