40代の転職

40代の転職

40代の転職は無理?諦めた方がいい?逆転するには

40代の転職は非常に厳しいです。

実際に転職活動をしてみて、実感しました。

一般的に、40代の転職は厳しく年収も下がる人が多いと言われます。

とはいえ、事情があって転職をする場合にはそんなこと言っていられません。

探すことができる求人の中から、これまでのキャリアを活かせる仕事、できる限り条件の良い企業、転職先を見つけることが必要です。

あまりに転職活動の成果が出ない時期が続くと、

40代の転職はやっぱり無理かな・・・諦めた方がいいのかな?

と気持ちも落ち込みます。

しかし40代の転職を諦める前に、もう一度転職活動のやり方を見直してみませんか?

その先に、転職成功の糸口が見つかることもあります。

40代の転職に使うべき転職エージェント

40代の転職は、自分ひとりで転職活動を進めても行き詰まることが多いです。

求人サイトで得られる求人も重要ですが、転職エージェントが持つ非公開求人も欠かせません。

40代の転職活動、おすすめ転職エージェント

全て登録の上、さらに地元の地域密着型転職エージェントを利用して求人情報を補完する方法がおすすめです。

どの転職エージェントから自分に合った求人が出てくるか分かりません。

40代の転職活動では、複数の就職エージェントを利用することが鉄則だといえます。

40代の転職は諦めたほうが良い?

面接がうまくいかない40代の転職

40代の転職は厳しい、大変だよ

という話はよく聞きますし、見たりもしますよね。

実際、転職活動をしてみてこの言葉が本当であることを実感しました。

心が折れる、ということも経験しました。

20代、30代の転職と比べると、求人も激減するといって良いでしょう。

企業が求めるスキル、経験もやはりハードルは上がります。

40代の転職が厳しい現実

応募先の企業が40代に求めるもの。

会社の外に出た時、評価されるかどうかは自分では客観的に見ることができません。

実際に転職活動を始めてみて、不採用が続いて初めて身につまされます。

「社外では評価されないキャリアだったのか・・・」

しかし、そこで軌道修正できる人が転職に成功できます。

企業が採用したい人材を知り、それにベクトルを合わせたアピールを作ることが大切です。

自分がアピールしたいスキルや経験は、あまり企業が欲しいものではないかもしれないのです。

それを知るためにも、転職エージェントの情報力が必要です。

コンサルタントとのコミュニケーションの中から、そうした情報を得ることが大切です。

企業が採用したい人材像を知ることが重要

面接

企業が求めるスキル、経験を提供できるかどうか。
そしてそれを理解してアピールすることが必要になります。

求める人材ではない場合、内定が得られる可能性が低い場合には転職エージェントのから見合わせた方が良い、という現実的なコメントをもらうことになります。

下手に希望を持たせて応募するよりは、良いと思いました。

履歴書や職務経歴書を作るのも、時間がかかりますからね。

40代の転職は確かに厳しいです。

でも、だからといって今の会社を辞めずに居続けるという選択肢が取れないこともありますよね。

再就職のために必死になっている方もいるかもしれません。

40代の転職は2極化する

40代の転職は2極化しているそうです。

内定が早期に貰える人。
複数の会社を受けて、複数の内定。
交渉も強気に行える人。

一方で転職活動を続けても内定が貰えず、いつまでも転職が決まらない人。

転職に成功しやすい40代としては、

  • 高い専門性を持つ
  • マネジメント経験がある

といった特徴があります。

逆に言うと、平社員のままずっと働いてきた40代の方は、転職活動はかなり難しいといえます。

40代で転職に失敗しないために

40代での転職は、ラストチャンスと言ってもいいかもしれません。

もちろん人によっては、40代でまた転職するかもしれませんし、50代でも転職する方もいます。

しかし、多くの人にとっては最後の転職となる可能性が高いです。

そのため、転職に失敗したくない・・・と重要な決断ができないこともあるかもしれません。

40代の転職では、次のようなことを意識して転職活動を進めると良いと思います。

会社を退職してしまわない

転職活動を始めた理由が、

会社への不満

職場の人間関係

などであった場合には、不満の大きさから転職先が決まる前に勢いで退職してしまうケースもあるでしょう。

本気で転職活動に取り組めば、自分ならすぐに転職先が見つかると思う。

といったことは幻想に過ぎない・・・といった人が多いです。

退職してしまうと、収入が途絶えます。

ご家庭のある方は、出費も大きいでしょう。

固定費はなかなか下げられませんからね。

みるみる減る貯蓄、焦る気持ち。

どこでも良いから転職先を決めなくては・・・と思い始めたら危険です。

年収が激減しようが、やりたい仕事ではなかったとしても、内定が貰えるならその方が良い、と考えてしまいます。

また、焦って転職を決めた会社が合わず、早期退職。

その後はジョブホッパーとして短期間で転職を繰り返してしまう。

そうした可能性があります。

40代の転職は、次の会社を決めてから退職手続を始めることが大切です。

1日も早く辞めたい・・・といった気持ちを持ちながら働くのは大変だとは思いますが、転職先が決まってからの退職がよいでしょう。

転職するなら1歳でも若いうちに

転職活動は、年齢が上がるたびに難しくなります。

ですから、もし転職をするのであれば今の年齢の間に行動を起こしましょう。

異業種転職を目指すならなおさらです。

41歳と49歳では採用にあたり、採用担当者が考えることは大きく変わってくるでしょう。

41歳ならまだ若いといえますし、今後の伸びしろや活躍も期待できる年齢です。

管理職としてこれからまだまだ経験を積んで、企業の中核として活躍が期待できます。

49歳の場合には、定年退職も視野に入社してからの活躍を推し量ることが多くなるでしょう。

採用して自社にとってメリットがあるのか、価値を出せる人材かどうか。

40代前半、後半で考えても良いかもしれません。

転職をするのであれば、若いうちに行動することが重要な年代といえます。

希望年収を高くしすぎない

転職をするな、できれば年収アップを実現したい。

と思う方は多いでしょう。

面接でも「希望の年収はいくらですか?」と質問されます。

それに対しての答えは用意しておく必要があります。

ただし、自分の経験よりも高すぎる希望年収を出すと、選考が厳しくなります。

それに見合ったスキルや経験があるかどうかは、企業が判断することです。

転職エージェントに客観的に意見を求めてるのも参考になります。

希望の年収額が高すぎてしまうと、いつまで経っても転職先が決まらない・・・といったい状況になることも考えられます。

自分の年齢で年収の相場はいくらか、業界によって異なる年収相場を把握し、交渉することが必要となります。

希望年収額は?という質問に対して、

「いくらでも良いです。採用をぜひ前向きにご検討ください」

といった返答をしてしまうと、かえって交渉力、管理能力が疑われて評価が下がる、といった可能性もあります。

希望の年収額、その理由、といったことは明確に答えられるように面接の前に準備をしておきましょう。

40代で転職を成功させる人の特徴

30代で転職活動をしたことがある方は、40代で転職することの難しさを感じることも多いと思います。

明らかに企業の評価は厳しめです。

転職活動の厳しさは承知の上で、進めていく必要があります。

40代で転職を成功させる人には共通点があります。

退職理由が明確である

どうして退職するのか、明確な人は転職活動も進めやすいです。

ただし、職場への不満などから転職をする場合には、他責の内容ではなくポジティブに変えて受け答えをする必要があります。

希望条件に優先順位をつける

今回の転職で、何を最も優先したいのか。
叶わなくても良い条件は何か。

  • 希望年収
  • 仕事内容
  • 役職
  • 通勤時間
  • 勤務地

転職活動をするにあたり、希望条件を色々と考えると思いますが、全てを満たすのは難しいです。

転職の一番の理由となるような希望条件については、譲れないものとなると思います。

それ以外はどこまで妥協して良いのか、など考えておくと転職活動が進めやすくなります。

転職エージェントに対しても、優先順位を伝えておくと良いです。

コンサルタントもその分、条件を広げて求人を探しやすくなります。

選択肢を複数持つ

40代の転職活動はすんなりと内定を貰えない、という前提で進める必要があります。

求人情報を得る方法も複数を利用してください。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント

あたりが求人探しのメインになるでしょうか。

転職サイトもリクナビ、マイナビ、en、他にも様々なサイトがあります。

転職エージェントも複数を利用して、求人情報を多く得られるようにする必要があります。

情報収集は複数を利用して行うことで、選択肢が増えます。

1つに頼った転職活動だと、応募先がなくなってしまうことも。

求人の比較もできません。

40代の転職は10社、20社と応募して面接に1回通るかどうか、といって良いでしょう。

応募先は多く確保することが必要です。

そのためにも、複数の求人情報源を持つことが必要です。

ポジティブに変換できる

面接では特にですが、受け答えはポジティブな内容で終わるようにする必要があります。

退職理由がネガティブな場合であっても、ポジティブな転職理由に変えて伝える必要があります。

ネガティブな人材をあえて採用したい、と考える面接官はいません。

少し意地の悪い質問がされたとしても、ポジティブな言葉、内容に変換できるように面接対策をしっかりとしておきましょう。

同じ業界・業種への転職を狙う

企業が40代に求めるのは即戦力であることです。

そのため、今までの経験を活かして働くことができる同業界・同業種への転職を狙うとスムーズに転職活動が進みやすいです。

異業種転職すると、一から学びなおすことも多くなってしまいます。

それに企業も40代の未経験者を採用したいとは考えていないでしょう。

ただ、同じ職種のまま業界をずらす、ということであれば転職活動も進めやすいです。

今までに身に着けてきた経験、スキル、知識を活かせる転職活動をすることが、40代の転職を成功させるポイントとなります。

転職を諦めた・・・の先に転職成功の糸口があることも

40代の転職は厳しいものとなる人が多いと思います。

体験談を調べていても、

「40代の転職は地獄」

「30社応募して面接が受けられたのは2社。最終面接で落ちてしまった」

「早期退職に手を挙げたけれど、転職先が見つかない。割増された退職金も底を尽きそう」

など辛いものも目にすることもあります。

実際、書類選考の通過率は思っている以上に悪いです。

もう転職を諦めようかな・・・と、心が折れる瞬間もあると思います。

しかし、そこでもうひと踏ん張りすることで転職成功につながることもあります。

改めて転職エージェントに連絡してみる

転職活動が長期化している場合、少々疎遠になってしまっている転職エージェントもあると思います。

数か月経つと、求人状況も変化しているもの。

今の求人について、問い合わせをしてみてください。

そこから私は新たな展開が開けたことがあります。

新たな転職エージェントに登録してみる

転職エージェントも非常に多いです。

そしてそれぞれ、得意な業界・業種があります。

リクルートエージェント、DODAといったような総合型転職エージェントの他にも、業界特化の転職エージェントもあります。

40代以上向けの求人を得意とするエージェントも中にはあるでしょう。

地域密着型の規模の小さな転職エージェントを利用してみる、というのも方法です。

コンサルタントも内定が出やすい人を優先して担当、サポートするケースが多いです。

他の転職エージェントで「紹介できる求人がありません」と断られた方でも、違う転職エージェントではしっかり担当者が付いてサポートを受けられる、といったことは普通にあります。

複数の転職エージェントをぜひ活用して、多くの情報を得てください。

40代向け求人が多い、おすすめ転職エージェント

40代の転職活動にエージェントの活用は必須です。

40代向け求人が多い、おすすめ転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数を誇るリクルートエージェントは40代の転職で鉄板の転職エージェントです。

まずはリクルートエージェントへの登録から、といっても良いと思います。

非公開求人が半数以上を占めるため、登録して情報を得ることをおすすめします。

各業界に特化、精通したコンサルタントが多く在籍しており、詳しい情報を得て応募を判断していくことができます。

求人情報の豊富さ、サポート体制の充実から、ぜひ活用していただきたい転職エージェントです。

⇒ リクルートエージェント

DODA

DODA

サポートの手厚さで転職エージェントを選ぶなら、DODAがおすすめです。

私が結果として、一番利用した転職エージェントはDODAでした。
それはサポートの手厚さが理由です。

求人数はリクルートエージェントには及びませんが、総合的に満足度の高い転職エージェントといって良いでしょう。

コンサルタントからのサポートをしっかり受けることで、応募準備、面接対策をしっかり進めることができます。

遠方の企業の情報も集めてくれます。

リクルートエージェントと併用して利用するのもありですし、メインで転職活動に利用するのもおすすめです。

⇒ DODA

パソナキャリア

パソナキャリア

質の高いサポートが評価されている、「オリコン顧客満足度調査」で3年連続No.1を獲得したパソナキャリアです。

扱っている求人には、リーダー、マネージャー、課長、部長など管理職も多く、40代向け求人の取り扱いが多い転職エージェントといえます。

パソナキャリアでの転職で年収アップしたという口コミも見ることができます。

書類の作成からしっかりバックアップしてもらえます。
書類通過ができなくて困っている方は、パソナキャリアを利用してみてはと思います。

女性の転職支援にも力をいれています。

40代で転職をお考えの女性もぜひパソナキャリアを活用してみてください。

⇒ パソナキャリア

-40代の転職
-,

© 2021 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5