求人を調べる40代

40代の転職

40代の転職、何がしたいかわからないけれど転職したい

転職を悩む女性
とにかく転職したいんだけれど、何がしたいか分からない・・・40代の転職、真剣にこれからの生活、キャリアについて考えれば考えるほど、何がしたいの分からなくってしまって・・・

40代で転職を目指す方も増えています

しかし、実際に転職をしようとなると「自分が本当は何がしたいかわからない」と悩んでしまう方もいるかもしれません。

40代、年齢的には最後の転職になるかもしれない。
そう思うと、真剣にこれからのキャリアも考えますし、できればやりたい仕事に転職したい。

でも、真剣に考えれば考えるほど、本当は自分が何がしたいか分からない・・・といった状況になってしまう。

私も経験があります。

ではどうやって、そうした転職したいけれど本当は何がしたいかわからない状況から脱出すると良いのでしょうか。

この記事では、転職活動で迷った時、何がしたいかを見極める方法をご紹介します。

40代で転職に悩む方は、ぜひ参考にしてみていただけたらと思います。

何がしたいかわからない、でも転職したい40代

転職に悩む40代

40代という年齢は、いろいろと将来のこと、自分の人生のこと、親のこと、子供のことなど考える機会が増えて・・・といった方も多いと思います。

少なくとも私はこうしたことを時々考えます。

このまま今の会社で働き続けて良いのだろうか?

年収もあまりもう上がらなそうだし、いっそ転職してキャリアアップ、年収アップを狙うのも手かもしれない。

独立するなら気力、体力のある40代がチャンスではないか。

そろそろ親の介護も現実味を帯びてきたし、一度、介護が必要になった時に備えて話し合っておかないとまずいかな・・・

など。

年齢的には、この先何歳まで生きるかは分かりませんが、人生の約半分です。

仕事についても、まだ20年以上働くことになりますよね。

これからの状況を考えると、65歳、70歳になっても現役で働く必要もありそうです。

年金を何歳になったら貰うか、悩みますね。

だからこそ、これからの仕事として自分に合った仕事、向いている仕事を選びたい。

悩むということは、今の会社や仕事に対して何らかの不満があるのではないでしょうか。

でも、転職したいのに何をしたいか分からない。

40代で仕事を辞めたいのはダメ?

40代になって、仕事を辞めたいと思う方も多いと思います。

なんだか仕事に疲れた、辞めたい・・・と思うのはおかしなことではありません。

40代って色々なことに疲れてくる年代です。

仕事も責任が増してくる時期で、人によっては仕事も集中します。
マネージャー、管理職となり板挟みになることも多いでしょう。

またプレイングマネージャーとして働くケースも近年では多いですよね。
基本的には、プレイングマネージャーでしょう。

自分も第一線で成果を出しながら、チームメンバーのマネジメント、指導。

家庭では子供たちも大きくなり、受験、学費、住宅ローンの支払い、親の介護・・・

疲れを感じて当たり前です。

私自身も仕事、家庭のことを考えたら、もっと自分に甘くなっても良いのではと思ってしまうくらいです。

たまにはズル休みしましょう。
(休んで仕事が激溜まるなら、休まない方がストレスにならないかもしれませんが・・・)

そんな日々の疲れもあるかもしれませんが、仕事を辞めたい、働く環境を変えたい、という気持ちが沸き起こることもあるでしょう。

普通だと思います。

問題は、実際に転職活動を始めるか否かということです。

なぜ、仕事を辞めたいかを明確にすることが大切

「仕事に疲れたな、辞めたいな・・・。転職しようかな」

と思った場合、なぜ、仕事を辞めたいかを明確にすることが大切です。

  • 仕事量が多すぎる
  • 残業が多すぎる
  • 人間関係が辛い
  • 今後のキャリアが不安
  • 昇給が期待できない(生活が苦しい)

など、どんどん辞めたい理由を書き出してみてください。

漠然と、

「仕事を辞めて転職したいな・・・」

と思っていても、次にどんな職場を選んで転職すれば良いかも分かりません。

まずは仕事を辞めたい理由を明らかにしましょう。

そして、少しゆっくり休むことも必要です。

疲れすぎているときは、冷静に判断できません。

40代の転職で何がしたいかわからない状況を打開するには

とはいえ、何がしたいか分からない。

自分が何をしたいかわからないから、転職活動をスタートできない。

というループに陥っている方もいるかもしれません。

40代の転職で何がしたいかわからない状況を打開するには、どうすれば良いでしょうか。

やりたくないことを明らかにしてみる

やりたいことが分からない場合、やりたくないことを考えると良いです。

辞めたい理由を先ほど明確にしましたが、次はやりたくないことを明らかにしていきましょう。

  • 長時間の残業
  • 無駄に思える仕事
  • 新規営業
  • クレーム対応
  • 休日出勤

人によって様々なやりたくないことがあると思います。

やりたくないけれど、業務で避けられないこともたくさんあるでしょう。

どうしても苦手で嫌な仕事もあると思いますが、仕事である以上避けられません。

そうしたことがストレスとして積み重なり、辞めたい気持ちに繋がっている可能性があります。

40代の転職でやりたい仕事を見つける方法

転職したいけれど、やりたい仕事がわからない・・・といった場合、どうやってやりたい仕事を見つければ良いでしょうか。

やりたい仕事を見つけるための、いくつかの方法があります。

自分ができる仕事から探す

冷静に考えて、40代で転職をする場合。

企業からは「即戦力」であることが求められます。

そのため、できる仕事から探すことも大切になります。

やりたい仕事が未経験だった場合、転職に成功する可能性は低いです。

生活もありますしね。

どんなスキル、知識を自分が有しているか、どんな仕事であれば出来るのか。

未経験の業界でも、スライドして通用しそうであれば転職を考えることは可能です。

しっかりと言語化してアピールできるように、準備をしていきましょう。

これから伸ばしたいスキル、キャリアから考える

40代、まだまだ働かなくてはなりません。

きたるべき40代後半、50代に向けてどんなスキルを伸ばしたいか、キャリアを積んでいきたいか。

そうしたことから転職を考えることも大切です。

将来的に独立を目指している方であれば、どういった経験をその間に積むか、ということが大切になります。

副業で経験を積みながら、やりたい仕事を見つける

副業なら、リスクを抑えて色々な仕事を経験することができます。

興味のある副業を調べてみる、実際に始めてみて、情報を得ていく方法もあります。

副業をすることで事業主となりますから、それまでの会社員としてしかなかった視野を広げることもできます。

副業の経験から自分にあった仕事、やりがいのある仕事が見つかったら、それを本業にしていくことも可能です。

本業で安定した収入を得ながら、新しい仕事に挑戦できるのはメリットでしょう。

しかし副業をする分、自分の時間、家族との時間が減りますので、そうしたことは理解しておく必要がありますし、家族とも話し合っておく必要があるでしょう。

また、副業が認められているかどうか、本業で働く会社の就業規則を確認しておくことも大切です。

40代の転職で、やりたい仕事が見つからない原因

転職したいけれど、やりたい仕事が見つからない・・・といった場合次のようなことが原因になっていることがあります。

自己分析が不足している

自分がどんな仕事をしたいかわからない、何がしたいんだろう・・・

と悩むということは、自己分析が足りていない可能性があります。

自己分析をすることで、自分の強み、弱み、適性、どんなことなら楽しく続けられそうか、といったことが見えてきます。

少し時間を取って、自己分析をしてみてください。

どんな仕事なら興味を持てそうか、ヒントが見えてくるはずです。

とにかく転職したい気持ちが先走っている

「とにかく転職したい」

「とにかく今の職場を辞めたい」

「転職すれば全て上手くいく」

そうした気持ちが先走っている場合、やりたい仕事が見えてこないことがあります。

転職を目的として転職してしまうと、いざ働き始めてから

「思っていた働き方と違う・・・」

となってしまう可能性があります。

また辞めたくなる。

とはいえ、40代という年齢を考えるとおいそれと転職回数を増やすことはできません。

早期退職を繰り返すと、書類選考に通過する可能性もガクッと落ちてきます。

ただでさえ、40代の転職活動は選考通過率は厳しいのですから・・・

どうして転職したいのか、自分の得意なことは何か、何ができるのか、といったことから「やりたい仕事」を考えてみてはと思います。

40代の転職を成功させるためには何が必要?

40代で転職を成功させるために、色々なことが必要になります。

いずれも20代、30代よりも高い基準が求められるといえますので、しっかりとスキル、経験の棚卸をして、面接官にアピールできるように準備をすることが必要です。

実際、私が40代半ばで転職に成功した時も、コミュニケーション能力やマネジメントスキルが大きく評価されました。

管理職候補としての採用ということです。

40代の求職者に求められるスキル

それまでの年代と比較して、実際、40代の転職は厳しいです。

しかし、転職に成功している40代の方は増えています。

企業の中核をなす年代も人手不足になりつつあり、未経験者をポテンシャル採用して伸びるのを待てない企業は、即戦力となる40代の採用に注力し始めています。

企業によってもちろん違いはありますが、40代の求職者に求められるスキルとしては次のようなものがあります。

  • 専門的な知識、スキル
  • コミュニケーション能力
  • 前職での実績
  • マネジメントスキル
  • リーダーシップ

などがあります。

さらに上記に加えて、素直さ、アドバイスを聞き入れることができるか、といったこともあります。

40代で転職をすると、職場の上司、先輩、同僚が軒並み年下、といった可能性もあります。

そうした時に、アドバイスや間違いの指摘を素直に受け入れて修正をしていくことができるかどうか、といったことは職場に馴染めるかどうかにもつながり、重要視されることが多いです。

そうしたことにも留意して、転職活動を進める必要があります。

40代が転職に成功するには

40代の転職活動のやり方、転職成功のポイント

転職を決意した40代の方に向けて、転職活動のやり方、転職成功のポイントをまとめています。

転職活動を失敗させないために、ぜひ押さえておいて頂きたいポイントをご紹介しています。

何がしたいか分からない状態で転職するのはNG?

転職をするにあたり、何がしたいかわからない状態で転職活動をするのはNGです。

転職に失敗する可能性が高くなってしまいます。

とにかく今の職場を辞めたい、といった方もいるとは思いますが、在職しながらの転職を目指す必要もありますから、早急にやりたい仕事を明確にすることに力を注ぎましょう。

軸が決まれば、転職活動は進めやすくなります。

何がしたいかわからない状態で転職活動をすると、応募先もばらつきが出てしまいます。

業界、職種はある程度絞った方が良い結果になりやすいのが40代の転職です。

40代は何がしたいかを見極めてから転職活動を

転職活動をする際、40代は失敗できない年代です。

ですから、何がしたいかを見極めてから転職活動をすることが大切になります。

転職によって自分は何を実現したいのか。

年収アップなのか、
残業時間を減らして家族との時間を持ちたいのか、
裁量をもって働ける環境が欲しいのか、
プレッシャーから解放された働き方がしたいのか、

などを明確にしてから転職活動に取り組むことが大切です。

転職活動の際の優先順位、妥協点についても決めておくことも重要になります。

全てを満たせる転職先は滅多にありません。

あった、と思って応募しても書類選考で落ちたりといったことはよくあります・・・

希望条件に優先順位をつけて求人に応募していきましょう。

やりたいことを見つけて、転職に成功することが大切

40代、まだまだこれからも働く時期が続きます。

であればこそ、我慢して働き続けるよりも、少しでも自分がやりたいこと、積みたい経験やキャリアを追い求められる仕事をしたいですよね。

そのためには、自分がやりたいこと仕事を明らかにして、追い求めることが大切になります。

転職活動は長引くことが多くなりますので、3ヵ月~6ヶ月を想定しておきましょう。

場合によっては、1年以上かかるケースもあります。

そんなに長い期間、転職のモチベーション維持も大変ですし、無理と思います。

長引いてきたら、少し休む。

その間に、本当に転職するべきなのか、転職をしたいのかを考えてみましょう。

転職活動をして、気持ちがいったん落ち着くこともあります。

その場合、辞めずに今の職場で働き続ける選択肢も出てきますよね。

自分と家族にとって、何が一番良い選択なのかといったことも考えながら、転職活動に取り組むことが多くの40代にとって大切なのでは、と思います。

40代の転職 関連記事

キャリアがない40代、スキル不足40代の転職はどうする?

40代での転職活動の経験、転職エージェントから教えてもらった話なども加えて、転職に悩む40代の方向けに成功するためのポイントをご紹介いたします。
ポータブルスキルについても。

-40代の転職
-

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5