転職が決まらない

40代の転職

40代の転職で地獄を見ないために

おそらくですが、この記事をご覧になっている方は、

40代で転職を考えている

既に会社を退職、もしくはリストラされて転職活動をしている

といった方だと思います。

40代の転職は上手くいく人ももちろんいますけれど、失敗すると即、地獄行き・・・といっても良いです。

20代、30代の時に転職活動をした経験がある方は、その延長線上の間隔で転職活動をしてしまうと失敗する可能性が高いです。

特に会社を辞めてしまってからの転職だと、ヤバい状況になって初めて気付く・・・といった可能性があります。

とはいえ、事前に40代の転職活動の進め方、企業が40代に求めることを理解しておけば、大きく転職で失敗する=地獄を見るといったリスクは軽減できます。

40代で転職した私の経験も織り交ぜながら、40代の転職で地獄を見ないために気を付けるべきポイントについてもご紹介します。

40代の転職で必須、転職エージェントの活用

40代の転職活動、実際にやってみて転職エージェントのサポートは必須と思いました。

転職活動それ自体は、転職エージェントに併用して自分で求人を探して直接応募する方も多いと思います。

結果として直接応募で内定が貰えるとしても、転職エージェントからのアドバイス、第三者として客観的な立ち位置からのあなたの市場価値などアドバイスを貰えるのは大きなメリットです。

圧倒的な求人数を持つリクルートエージェントは登録必須です。

DODA、パソナキャリアはサポートが手厚いので40代転職もしっかり対応してもらえる方が多いと思います。

40代の転職に失敗する理由

40代で転職に失敗する理由としては、

  • 年齢
  • 経験不足
  • 給与額

が大きな3つといえるでしょう。

求人に応募した企業の年齢構成的に、40代の部下を採用するのが難しいこともあります。

上司が30代前半、時には20代といった可能性もあります。

そこに40代の部下がしてくるとなると、やりにくいと感じるのが実際でしょう。

また、本人が思っている以上に経験不足と評価されるケースも多いのです。

再現性があるかどうか、今までの仕事の棚卸をする際に考えてみるといいかもしれません。

転職にあたり、年収アップを希望される方も多いと思います。
しかし、基本的に40代の転職では年収は下がる人が多いでしょう。

採用する企業側としては、自社の事業にどれくらい貢献してもらえるか未知数の人物に、いきなり高額給与を設定するのは大きなリスクです。

それに会社ごと、年齢ごとに給与テーブルもあるでしょう。

給与規定から外れるほど実績があり、高給与で迎えたい人物、というのはそうそういません。

前職が高年収であるほど、給与ダウンを想定しておく必要があります。

40代でも年収300万円前後、といった求人はザラにあります。

求人でよく見かける、

経験者 20万円~35万円

といった記載ですが、大抵は下限の給与に近い額を提示されることになります。

あなたが思っている経験と、企業が期待する経験は違うことが多いです。

残念ですが、そうした現実があります。

転職して月収が10万円近く下がってしまったら、生活が成り立たない・・・といった方は多いのではないでしょうか。

家族がいれば、生活費を切り詰めるにも限界があります。

子供たちの習い事もすべて辞めてもらう。
当然、自分の小遣いもカット。
食費も切り詰めてセールを狙う日々。

「転職、失敗だったよね?」

口には出さずとも、伝わる空気。

家にいても気まずく、職場でも気持ちが鬱々としてしまい・・・地獄のような日々が待ち受けています。

40代で転職に成功するのは難しい

  • 40代で転職成功
  • 年収が大幅にアップ!
  • 役職が付いての転職に成功

といったような転職成功者もいることはいますが、自分がそこに入れる保証はありません。

企業から求められるスキル、経験、マネジメント経験などがある人材は、40代半ば、40代後半であっても転職に成功しやすいといえます。

マネジメント経験といっても、部下のいない名ばかりの管理職だった場合には、高い評価を得ることは難しいでしょう。

一般職である場合には、さらに転職活動は厳しいと認識しておくことが必要です。

何か特化してスキル、知識、経験があるとまた話は別です。

スペシャリストとしての活躍がプラスアルファで期待できる場合には、採用を検討してもらいやすくなります。

特別、そうした専門性などが無い40代の転職は、非常に厳しいです。

40代の転職活動は、あなたが思っている以上に書類選考が通りません。

もし40代で今の仕事を辞めたい、もうこれ以上我慢して今の会社で働き続けるのは無理だ・・・といった場合でも、絶対に次の仕事、転職先を見つけてから辞めることをおすすめします。

自分なら次の仕事も見つかりやすいはず

と思って辞めてしまい無職になると、思った以上に転職先が決まらず・・・貯金を取り崩す生活が待っています。

辞めるなら、40代は半年といわず1年くらいは仕事をせずに生活できるだけの貯蓄があった方が良いでしょう。

経済的な困窮は、転職活動を妥協してしまう大きな原因となってしまいます。

もし辞めた場合、削れる出費は即削りましょう。

無職の期間に応じて、必要経費もどんどん手を付けて削っていくことが大切です。

必要な出費しかない、といっている余裕はありません。

40代の転職失敗は即「地獄」行き・・・

40代の転職失敗は地獄

先ほども書きましたが、40代の転職活動は会社を辞めないでするのが原則です。

「もしかして、40代は求められていないんじゃないか・・・」

と思うほど、書類選考で落ちることが多いです。

転職活動が失敗続きだと、メンタルもガタガタになります。

毎日が地獄に感じられるほどです。

良いなと思った求人、送っても送ってもお祈りメールが帰ってくる。
転職エージェントも「紹介できる求人がありません」という返事がくる。

八方塞がりです。
(とはいえ、転職をサポートしてくれるエージェントもいますので、複数利用は40代の転職では鉄則です)

求人を調べるのも、次第に苦痛になってきます。

「こんなに時間をかけて求人を探して、企業研究して志望動機を考えても結局落ちるんだろうな・・・」

特に今まで経験のある分野でも不採用が続くと、超絶自信を無くします

今までの10年、20年の経験はなんだったんだろう・・・

と落ち込んでしまいます。

今の会社を一刻も早く辞めたいと思っていても、働いていれば給与が振り込まれます。

しかし辞めてしまっていれば、しばらくは失業給付や退職金で生活ができると思いますが、いつしかお金も底を尽いてしまうでしょう。

ローンを抱えていれば、毎月の出費が20万円、30万円とあると思います。

収入が無い中で毎月お金が30万円消えていく・・・となれば、地獄のような焦り、プレッシャーが押し寄せます。

次の転職先が決まるまで、できれば辞めない方が良いです。

まして今は早期退職者の募集対象が40代以上となっていることが多いです。

つまり、転職市場に40代が増えているということです。

早期退職ではなくても企業の倒産などにより、致し方なく転職活動をしている方も多いでしょう。

ライバルが多い中、転職を決めるのは簡単ではありません。

40代の転職で地獄を見るパターンは複数ある

40代の転職が地獄・・・といってもいくつかのパターンがあります。
いずれも事前に想定しておくことが大切かと思います。

40代で転職して収入減。ローンが払えず地獄を見るケース

40代の転職で年収アップする人は半分もいません。
ただ、40代前半までは年収アップする人の割合は約4割といったデータも出ており、希望が持てます。

ただ、中には給料が下がる人もいます。

住宅ローンや車のローン、子供の学費、各種支払いが押し寄せている方も多いのではないでしょうか。

20代で独身の時よりも、出費はかなり多くなっていますよね。

節約しようにも限界があります。

毎月の手取りが1万円でも減ると痛手ですが、5万円、10万円と減額になるケースも。

転職によって年収アップするだけではありません。

年収ダウンする可能性もあります。

家計を把握して、どれくらいまでの年収ダウンなら許容できるかも考えておくことが必要です。

例えば、せっかく今まで支払ってきた住宅ローン、転職して支払うのが困難にならないようにしたいですね。

40代後半になると年収ダウンする割合が上がります。

転職先に馴染めず、早期に地獄を見るケース

40代で転職をすると、転職先の上司が自分よりも年下、といったケースはよくあります。

周りもみんな年下。

気にせず馴染める方もいれば、馴染めずに孤立感を深めてしまう方もいます。

  • 今までのやり方を変えずに周囲に相談しない
  • 積極的にコミュニケーションを取りにいけない
  • 上司が年下でやりにくい

40代の転職は即戦力であることが前提です。

20代未経験者のように、手取り足取り教えてもらう・・・といったことはありません。

職場によっては、相談しにくい雰囲気があったりします。

そこで孤立してしまうと、一気に仕事がやりにくくなってしまいます。

転職先に馴染めないと、出社するのが辛くなってきます。

転職先の会社の年齢構成、文化によってはなじみにくいですし、疎外感があります。

実際に入社して働き始めないと分からない部分でもありますが、転職エージェントを通してできる限り情報収集はしておきたい部分です。

また自分からも積極的にコミュニケーションを取りたいところですが、テレワークとなってしまった場合には難しいですね。

今まで以上に苦労されている方も多いかもしれません。

今までのやり方が全く通じず、営業成績が地獄となるケース

営業職として転職した方の場合、今までの営業方法が通用せずに苦労する・・・といったケースもあるでしょう。

20代未経験者なら目標未達が続いても、長い目で見てもらえるでしょうけれど、40代で即戦力当たり前で転職してきたのに、全然目標に満たない営業成績が続く・・・となれば、胃が痛い日々が待っています。

詰められる職場だときついです。

再現性のある営業方法を取ってきたのか、といったことも転職にあたり考える必要がありそうです。

辞めたものの、40代の転職活動が厳しく転職先が決まらない地獄

「とにかくもう耐えられない、会社を辞めたい」

退職を決断した理由も様々あると思います。
事情によっては、もう無理といったこともあるでしょう。

とにかく辞めて、それから考えたい。

そこまで追い詰められている方もいるかもしれません。

しかし40代の転職は厳しく、転職活動の期間も半年~1年となる方も増えます。

失業保険や退職金でなんとかなる、とはいえ転職先が決まらずにずっと家にいるのもメンタル的にキツイです。

言葉にはせずとも、家族も不安に思っていると思います。
給料は無いのに、出費があるわけですからね・・・

40代になると、どこでもいいから転職したい、といった事も難しいです。

40代向けの求人自体が少ないためです。

転職先が決まらない日々が続くことは、思っている以上に精神的に辛いものです。

そうしたことも想定しておく必要があります。

40代の転職で後悔しないための転職活動のポイント

40代で思い切って転職して、後悔することになったら切ないです。

そのため、転職する前に以下のポイントについて考えておくと良いと思います。

将来につながる転職かどうか

退職理由がもしネガティブなものであったとしても、転職することで50代以降のキャリアにつながるような転職にしたいものです。

少子高齢化の日本、これから先も現役として働かないといけない年齢は伸びるでしょう。

これから身に付けたいスキル、経験を明確にすることが大切です。

面接でもアピールすることができます。

採用担当者にしても、そうした意欲のある応募者には興味を惹かれるでしょう。

「こういった仕事がしたい、仕事を通じてまだまだスキルアップしていきたい。その結果、御社の事業成功に貢献できる」

安定した会社で働きたい、という求職者よりも魅力的な人材に思ってもらえるはずです。

給料ダウンの許容範囲を考えておく

40代の転職では年収ダウンするケースもあります。

応募する会社によっては、前職の実績、経験があまり評価されず20代未経験者と同じような給与を提示してくるところもあります。

年収が100万円など下がると、それはもう生活は苦しいです。

そこまで年収が下がる転職にはならなくても、今よりもどれくらい年収ダウンが許容できるか、生活を維持できるかは計算しておく必要があるでしょう。

例え年収が一時的にダウンしたとしても、

「入社後に頑張って成績を残して昇給を目指す」

また、それが実現できる会社であることが重要です。

現状を把握する

40代の転職を成功させるには、準備が大切です。

何の準備もせずに会社を辞めて転職活動を始めると、転職先が見つからないという地獄が待っています。

転職先がいつまで経っても決まらない・・・というのが一番辛いかもしれません。

自分の市場価値を客観的に知る方法としては、転職エージェントに登録をするのが良いです。

転職エージェントは多くの求職者をサポートしてきています。

その経験から、あなたの市場価値を冷静に判断して求人を紹介してくれます。

もしくは「紹介できる求人がない」とサポートを断られます。

それによって、市場価値がある程度判断できることになります。

できれば複数の転職エージェントを利用すると良いです。

転職エージェントごとに基準が異なるため、比較することも大切です。

どの転職エージェントを利用すると、熱心にサポートをしてもらえるかもこの段階で分かります。

といった40代向け求人を多く取り扱っている転職エージェントの活用がおすすめです。

年収が下がる転職となった場合、副業を考えてみる

今の時代、副業はかなり取り組みやすくなっています。

当ブログでも40代は転職×副業で稼ぐ、ということをおすすめしています。

このブログのテーマ

  • 40代の厳しい転職をどう成功させるか
  • 40代は本業×副業で稼ぎ、スキルアップ+生涯賃金を増やす

副業については、これから徐々に書いていくこととなります。

副業があることで、本業とは違うやりがいを見出すこともできます。

また、年収が下がっている場合には補填も可能です。

40代の転職で地獄を見ないために先導役(転職エージェント)を

40代の転職は、できるだけ在職中に次の会社を決めるのが望ましいです。

在職中に転職を成功させるには、転職エージェントの活用が不可欠といえます。

仕事をしながら転職活動をするのは、大変ですからね。

求人探し、企業研究、応募書類の添削、日程調整、面接対策、各種交渉。

転職エージェントを活用することで、面倒な大部分のことを代行してもらうことができます。

非公開求人の紹介を受けることもできます。

40代の転職活動は情報をいかに集めるか、が大切です。

応募先企業にどう自分を売り込むか、といったことも情報が不足していれば考えることができません。

情報収集にはプロの力を利用するのが良いでしょう。

若い時と違って、40代はポテンシャル採用を期待できません。

しっかりと準備をして転職活動に臨むことが必要です。

情報を得て、転職が成功するようにしっかりと準備されることをおすすめします。

-40代の転職
-,

© 2021 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5