40代の転職成功のポイント

40代の転職

40代の転職活動のやり方、転職成功のポイント

転職に悩む40代男性
40代の転職って難しいというけれど、なんとか転職に成功したい。40代が転職成功するには、どんな転職活動のやり方をすれば良い?

40代で転職を決意する、というのはやはり覚悟が必要だと思います。

実際、私も40代で転職活動を行いましたが、当初の想定よりも長く期間が必要でした。

最初は書類選考も通らなかったため、気持ち的にも辛かったものです。

少しずつ履歴書、職務経歴書と応募書類を改善していき、面接に辿り着ける確率も向上。

最終的に内定獲得し、転職することができました。

この記事では、転職を決意した40代の方に向けて、転職活動のやり方、転職成功のポイントをまとめています。

転職活動を失敗させないために、ぜひ押さえておいて頂きたいポイントがあります。

ぜひご参考になれば幸いです。

40代の転職活動は準備・段取りが超重要!

40代の転職活動のやり方

40代で転職しようと思った時、衝動的に始めると転職活動に失敗する可能性が高くなります。

20代、30代で転職活動をしたことがある方は、書類選考が通過して面接に辿り着くのにあまり苦労したことが無い方も多いのではと思います。

しかし、40代の転職活動では書類選考に通ることからして難しくなります。

人によっては100社送って数社面接に辿り着ける、といったような状況になってしまうのです。

40代の転職者に求められること、どういった人材が企業から求められているのか、どれくらいの期間を転職活動で見る必要があるのか、どう求人情報を集めると良いのか、など。

どの転職エージェントが40代の転職活動にも強いのか。

高年収の求人を多く扱っているエージェント、未経験の異業種転職に活用できる転職サイトなど。

40代の転職活動は準備・段取りがとても重要になります。

40代 転職活動のやり方

40代の転職活動は、

「なんとかなる」

で始めてしまっては絶対にダメです。

しっかりと準備期間を取り、準備を進めてください。

転職活動を始めて短期間で転職先が決まる、というのは甘い考えとなります。

転職エージェントからの話を総合しても、多くの40代の方にとっては、転職は楽ではないようです。

転職を考えたら、まずは情報収集を徹底的に行う

転職エージェント

40代で転職を考えた場合、まずは情報収集を徹底的に行うことが大切です。

在職しながら転職活動を行う会社員の方が多いと思います。

そうなると、企業の情報収集や求人紹介を代わりに行ってくれる転職エージェントを活用する方法が便利でおすすめです。

最初こそカウンセリングに時間は必要ですが、その後のやり取りはそれほど、大変ではありません。

転職エージェントを活用することで、情報収集がしやすくなります。

【40代の転職活動、おすすめ転職エージェント】

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

⇒ パソナキャリア

などの転職エージェントをおすすめしています。

転職に成功するケースとしては、

良い求人があったら応募する

ということで、焦らずじっくりと情報収集を行う方です。

転職エージェントを活用しながら、

  • 自分の市場価値を知る
  • 転職理由を明確にする

を行っていきましょう。

市場価値を知ることはとても大切です。

40代となると管理職、役職が付いている方も多いでしょう。
しかし、そうした役職などが外れた場合、社外でどういった評価(市場価値)がなされるかは、自分では分からないものです。

多くの転職希望者をサポートしてきた転職エージェントを活用することで、客観的に自分の市場価値を知ることが出来ます。

転職理由を明確にする

転職活動を始めるにあたり、必ず転職理由があるはずです。

転職理由は面接でも確実に質問されますから、しっかりポジティブな内容で答えられるように準備をしておきましょう。

キャリアの棚卸を行う

自分のこれまでの職歴、経験、スキルなど棚卸を行います。
必ず文字に書き起こすのがポイントです。

職務経歴書を書く際にも重要な情報を明らかにしていきましょう。

棚卸しの過程で、自分が考えていたアピールポイント以外のものが見つかる可能性もあります。

履歴書・職務経歴書を作りこむ

40代ともなれば、これまでの職務経歴を棚卸することが必要でしょう。

全部書いていては職務経歴書が厚くなりすぎる可能性があります。

あまりに厚い職務経歴書は避けて、簡潔に伝わりやすいように作ることが重要です。

職種ごとに職務経歴書のテンプレートなどもありますので、参考にして伝わりやすい内容で少しずつ作成を行っておきましょう。

履歴書も同様です。

転職先(企業)の条件を明確にする

転職活動するにしても、どういった企業に転職をしたいかを具体化しておくことも大切です。

待遇、仕事内容、社風、企業規模、転職後の役職、ポジションなども想定しておくことが必要です。

求める役職が得られない場合の働き方についてもイメージしておくことが大切になります。

40代向け管理職求人は求人数が非常に少ないためです。

どんな企業で働きたいのか。

転職活動が簡単ではないからこそ、どこでも良いから転職しなくては、といったことにならないように転職先の企業の条件を明確にしておくことも大切です。

今の勤めている企業規模よりも小さくても良いのか。

年収は下がっても大丈夫か、役職は無くても大丈夫か、なども想定しておくことも必要でしょう。

良い求人が見つかったら応募する

面接

40代の転職は、求人数が減るために応募のチャンスも少なくなります。

そのため、興味が持てる求人があったら片っ端から応募する方もいるようです。

しかし、その転職活動のやり方で内定を貰い入社したとして、仕事内容や社風などでミスマッチを生じていたら、転職は失敗となりやすいです。

場合によっては短期離職に繋がりかねません。

40代の短期離職は次の転職をさらに厳しくしてしまう可能性が高いのです・・・

40代で転職に成功する人は、

良い求人が出たら応募する

方法を取るケースが多いです。

それまでじっくりと、転職理由や志望動機などを練っていますので、アピールも成功しやすい傾向があります。

企業研究も転職エージェントからの情報をしっかりと活用します。

退職手続きの進め方も想定しておく

転職活動を始めるのであれば、退職手続きについても想定しておくことが大切です。

長く勤めている企業であれば、退職手続き業務上、進めやすい時期がある程度は見えていると思います。

繁忙期はやはり避ける必要があるでしょう。

スムーズに退職しやすい時期はいつか。

またどれくらいの期間があれば円満退職しやすいのか。

引き止められることも想定して、どういった話で進めていくかも準備が必要かもしれません。

年齢的には退職代行を使おうといった方は少ないとは思いますが・・・

転職するということは退職も必要です。

円満退職できるように、こちらも準備をすることが必要です。

40代の転職に強い、転職エージェントに登録

転職エージェントに登録

40代が転職活動をする場合、転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントは様々な業界・業種の企業の情報を持ち、実際に多くの求人情報を保有しています。

非公開求人といって一般的な求人サイトなどでは見つからない求人もあります。

40代にもなると、一般的な求人サイトで見つけた求人に応募をしても、年齢がマッチせずに書類選考で落ちることが多いのです。

転職エージェントであれば、人材採用をしたい企業が何歳くらいまでの人材を許容しているかなども情報を持っています。

転職エージェントを利用することで、そうした企業の詳細な情報を得ることもできますし、応募書類の添削や面接対策のアドバイスが受けられます。

また応募時の推薦状などもサポートしてもらえる可能性もあります。

一人で転職活動をするよりも、内定獲得の可能性を高めることが出来るのが、転職エージェント、と言えます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大級の求人数を誇る、大手転職エージェント。

40代の転職活動にもおすすめです。

非公開求人が多く、また様々な業界の求人を取扱っており、得られる情報量が多いことからぜひ活用をお勧めします。

業界に精通したコンサルタントが多数在籍しており、転職を目指す方にとって心強いサポートが得られます。

⇒ リクルートエージェント 公式サイトはこちら

DODA

DODA

DODAも求人数が非常に豊富で、手厚いサポートが高く評価されている転職エージェントです。

40代でも専任の担当者が付いてくれやすいので、転職活動をする際にはとてもおすすめです。

他社の場合、求人数がDODAほど多くは無いといったこともあるためか、担当者が付かず、求人の紹介も断られるケースがあります。

しかし、DODAは40代の転職支援も積極的に行ってくれる印象です。

実際、私もDODAは毎回利用して転職活動を進めてきました。

DODAはエージェントサービスだけではなく、転職サイトとしても利用することができます。

情報収集にもおすすめです。

ぜひ登録されることをおすすめいたします。

⇒ DODA 公式サイトはこちら

求人数が豊富な転職サイトに登録

転職エージェントの活用だけが転職活動ではありません。

自分で求人情報を取りに行くことも大切です。
それには、求人数が豊富な転職サイトの活用がオススメとなります。

なども併用されるのが良いでしょう。

indeedなどを使って、情報を集めるのも良いのですが情報量は多いため、時間をまとめて確保できる時は良いかしれません。

40代の転職者に求められていること

企業が求めている40代とはどういった人材なのでしょうか。

それを知ることが転職成功の近道になります。

専門分野のスキル、知識があり即戦力であること

40代といえば組織の中核になるような年代です。

その年代を外部から人材を中途採用しようというのですから、やはり専門分野のスキル、知識があることは重要です。

そして即戦力として活躍が期待できること。

企業に今いる20代、30代を牽引してくれることも期待されます。

だからこそ、未経験の異業種転職は難しいことが多いのです。
未経験の業務で他のスタッフを引っ張るのは難しいですよね。

しかし、今までの業務経験を活かせるようなポジションでの異業種転職はありです。

マネジメント経験がある

40代にはマネジメントスキルも求められています。

40代ともなれば、今在籍している企業や前職でプロジェクトリーダーとなった経験や、管理職として部下をマネジメントした経験がある方も多いと思います。

そうしたマネジメント経験の有無が、40代の転職では問われることが多くなります。

マネジメント経験なしの方は、転職は厳しいです。

マネジメント経験ありの方は、転職は有利です。

どう部下を教育してきたか、アピールポイントとしてまとめることが大切になります。

またそれを転職先の企業でどう生かして貢献していくか、といったところまで踏み込んでアピールするようにしましょう。

協調性がある

40代の転職では、転職先では上司が年下、となることも多いでしょう。

また普段、色々なことを教えてもらう同僚が年下となることも、一般的です。

年下の上司、同僚と柔軟にコミュニケーションを取ることが必要になります。

前職ではこうだったから、といった固定した考えを持っていると、転職先に馴染むことができません。

孤立してしまうでしょう。

40代の転職では新しい職場の体制、考え方、社風なども含めて柔軟に協調できることが必要になります。

孤立すると退職に繋がりやすいので注意が必要と言えます。

40代の転職を成功させるポイント

40代の転職では、いくつか転職成功のポイントがあります。

丁寧に見ていきましょう。

家族の理解を得ること

40代の方であれば、ご家族がいる方も多いのではないでしょうか。

その場合、転職にあたり家族の理解を得ることはとても大切です。

夫婦喧嘩、家族間の喧嘩、不和などがあるとそれが仕事のパフォーマンスの低下につながる、といった経験がある方も多いのではと思います。

家族が精神的にも安定して暮らせているからこそ、仕事にも集中できる。
そういった面は転職にもつながります。

特に転職は、家族の生活も大きく変える可能性がある転機になります。

年収ダウンの可能性。
転職することにより、残業が増える可能性(減るかもしれませんが)、休日も変わるかもしれません。

そうしたことも含めて、家族から転職の理解を得ておくことが後々のトラブルを避けるためにも必要です。

一人で勝手に転職活動を始めて、

「会社を辞めた、転職を決めた」

といったことは絶対に避けるべきです。

在職中に転職先を決める

40代の転職は、何度も述べていますけれど厳しいです

退職して、少し休んでから転職活動を始めようかな・・・といった考えの方もいるかもしれません。

しかし、辞めてから転職活動をすると転職先が決まらずに、経済的に困窮する可能性があります。

もし会社を辞めてから転職活動をするのであれば、収入が無くても半年~1年程度、生活が維持できるだけの貯蓄があるかを確認されることをおすすめします。

また転職活動をしてみて、改めて前職の良さに気づいたり、辞めなければ良かった・・・となる可能性もあります。

会社が倒産した、リストラされた、病気やケガで退職せざるを得なかった、といった状況でもない限りは収入源を自分で断つことは避けた方が良いでしょう。

今までの経験やスキルを活かせる職種を選ぶ

40代の転職を成功させる重要なポイントは、今までのスキルや経験を活かせる職種を選ぶということです。

40代の転職者に求められているのは、即戦力であること。

そうなると、今までの経験やスキルが活かせなければ無理でしょう。

特にスタートアップ、ベンチャー企業であれば、すぐに仕事で成果を出す必要があります。

管理職での採用の場合も同様です。
経験が重視されます。

未経験の仕事へ転職を目指す場合、採用されやすい職種を選ぶ

今までの仕事ではなく、職種を変えて働きたいという方もいらっしゃるでしょう。

その場合、40代未経験でも採用されやすい職種を選ぶことが必要です。

転職しやすいのは人手不足の職種です。

  • 営業職
  • 介護職
  • ドライバー
  • 警備員
  • 販売
  • 工場作業員
  • 施工管理

などがあります。

転職の優先順位を決める

転職活動をする場合、希望も様々あると思います。

しかし、全てを満たせる転職先というのは稀です。
基本的には無いと言って良いでしょう。

そのため転職で実現したい希望の優先順位を明確にすることが必要です。

  • 仕事内容
  • 年収
  • 残業
  • 休日
  • 勤務地

などでしょうか。

今が激務すぎて時間が無いために転職を希望されているのであれば、年収ダウンしても良いからライフワークバランスが取りやすい気偉業への転職を目指す、などとなります。

40代の転職で失敗する原因

40代で転職活動をして失敗する方は、次のようなことが原因になっていることが多いようです。

希望年収が高い

40代の転職の場合、現在の年収が役職などによって高年収となっている方もいると思います。

また転職によって年収アップを目指したい方も多いかもしれません。

しかし年齢的には年収アップがそろそろ難しくなってくるケースが多いのです。

年収にこだわりすぎると、応募できる求人が限られてしまったり、提示された年収に納得ができずに辞退したり、まとまらなかったりするケースが増えるでしょう。

むしろ、転職の希望条件を明確にした結果、年収ダウンをどこまで許容できるかを考えた方が良い場合もあります。

肩書、キャリアアップにこだわる

40代向けの求人は、そもそもの母数が少ないです。

そうした状況の中、肩書やキャリアアップにこだわった転職活動をすると実現が難しい可能性があります。

転職時に実現できないかもしれません。

しかし転職後の実績によって、昇進やキャリアアップできるかを確認する方が良いでしょう。

企業側としては、転職者が採用後も同様に再現性があるかは、未知数のためリスクを感じています。

活躍によって昇進、役職を考慮してもらえるかどうかを、しっかりと確認した方が良い結果が得られると言えます。

現職の不満、批判が多い

面接でNGなのは、現職の不満や批判を退職理由として伝えることです。

転職理由として、何らかの不満があることは前提です。

その上で、ポジティブな転職理由を面接官は聞きたいと考えています。

面接の受け答えから、入社後の働き方、考え方、現スタッフとのコミュニケーションについて想定しています。

40代であるからこそ、建設的な話ができること、企業にどういった部分で貢献できるか、といった話につなげていくことが大切です。

企業研究を徹底的に行う

40代の転職では、失敗は年齢的に許容できません。

「転職先選びに失敗したから、また転職しよう!」

といったことは難しいですよね。

企業研究をして自分に合った働き方ができる企業であることを見極めることが必要です。

また自分がどう企業に貢献できるかを明確にして、アピールポイントにすることも必要になります。

同じようなスキル、経験を持っている求職者が他にもいた場合、企業は年齢が若い人材を採用しようとするものです。

そこをどう差別化するか、自分ならでは貢献できることを明確にするためにも企業研究は欠かせません。

40代向け転職エージェントの選び方

40代の転職で、重要な役割を果たすのが転職エージェントです。

自分の経験、職種、そして40代に強い転職エージェントを選んで利用しましょう。

【40代の転職活動、おすすめ転職エージェント】

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

⇒ パソナキャリア

をご紹介させていただきました。

他には、年収800万円以上のハイクラス向け転職エージェントなどもあります。

業界に特化した転職エージェントもあることから、希望に合わせて複数利用してみてください。

複数の転職エージェントに登録をする

40代の転職で重要なのは情報です。

出来るだけ多く、求人情報を集めて企業研究をすることが必要です。

まずは求人情報の量を求めましょう。

それくらい、応募できる求人が少ない前提で転職活動をすることが大切です。

複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

複数登録するのは、転職エージェントごとに求人が異なり、タイミングによっては紹介を受けられないからです。

経歴によってはエージェントサービスが受けられません。

複数の転職エージェントに登録することで、どこかでサポートを利用できるようにする意味もあります。

経験から40代でもサポートが受けやすいのは、DODA、リクルートエージェントです。

この2つは登録必須と言って良いでしょう。

ぜひ登録をおすすめします。

40代の転職活動のやり方 まとめ

40代に対して企業は即戦力であること、マネジメント経験があり入社後に組織作りの面でも活躍できる人材を求めています。

また柔軟に職場に馴染める人材であることも重要です。

企業がどういった40代を中途採用しようとしているか、理解することも転職成功のポイントになります。

失敗を避けたい40代の転職活動。

出来る限り失敗の要因を潰して、転職活動を進めて頂けたらと思います。

40代の転職 関連記事

男性が40代からでも一生できる仕事

今から転職するなら一生できる仕事が良い、という40代の方へ。
男性が40代からでも一生できる仕事には何があるかをご紹介しています。未経験の異業種転職。

介護職は無資格・未経験でもできる

介護職は未経験者歓迎の求人が多く、40代からでも転職を目指しやすい業界です。
無資格・未経験で転職するには。

-40代の転職
-,

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5