40代の転職

40代の転職

キャリアがない40代、スキル不足40代の転職はどうする?

転職を悩む女性
45歳、転職を考えているけれどアピールできるキャリアもないし、応募先によってはスキル不足と言われるかもしれない。でも今の会社で働き続けるのはもう無理、転職したい

今の職場を辞めたい、転職したい

何らか心身への影響があり、事情があってすぐにでも退職したい方もいると思いますし、年収や昇進などが頭打ちで転職を考えている40代の方もいると思います。

この記事では特筆すべきキャリア、スキルが無いと悩んでいる40代の方向けに転職の準備の仕方、転職活動の進め方について解説をしています。

筆者は40代で転職に成功しました。
その後、市場価値を確認するために再び転職活動をしてノウハウを蓄積しています。

もちろん、好条件、良い職場があれば転職をするつもりでいます。

40代での転職活動の経験、転職エージェントから教えてもらった話なども加えて、転職に悩む40代の方向けに成功するためのポイントをご紹介いたします。

40代後半の方にも通用する記事となりますので、ぜひご参考にしてみてください。

企業が求めるようなキャリアがない40代は転職できる?

これからのキャリアに悩む40代
40代、色々と悩む年代だと思います。

あと15年、20年とまだ働く年代です。

これからの年収や昇給額、昇進の状況など考えて、

「今のうちに職場、働く環境を変えておきたいな・・・」

と思う方も多いのではないでしょうか。

しかし転職に成功するには、40代はハードルが高い年代です。

年齢を考えると、企業が求職者に求めるのは当然、

即戦力であることです。

「未経験ですが頑張ります!」

といったことは通用しません。

「御社に入社したら、こんな仕事で貢献できます!」

とアピールする必要があります。

そこで重要なのが、これまで積み重ねてきたキャリア、そしてスキルです。

しかし、自分にはあまりそうした、企業にアピールできるようなキャリアやスキルが無い・・・

と思って悩んでいませんか?

企業にアピールできるキャリア、スキルは必ずあります

企業にアピールできるキャリア、スキルが自分には無い・・・と思っていませんか?

でも大丈夫です。

40代まで働いてきた方であれば、しっかり振り返ってキャリアやスキルを棚卸してみれば、アピールできるものが必ず見つかると言って良いです。

30代をフリーターやニートで過ごし、社会人経験が数年しかない、といった40代の方だと転職は非常に厳しいものがありますが、10代、20代から正社員としてお仕事をしてきた40代の方でしたら経験を積んできています。

今までやってきたことを、まずは書き出してみてください。

言語化することが大切です。

箇条書きでも構いません。

まずは始めることが大切です。

・プロジェクトリーダー経験
・主任として管理職業務
・新規事業の立ち上げ

経験してきた職歴も、経験年数とともに書き出してみてください。

経験年数が長いものは、他の人に語れるような経験や仕事のポイントがあると思います。

そうしたことを少しずつまとめていきましょう。

企業との出会いは縁です。

全ての企業があなたのキャリアやスキルを欲しがるとはいえませんが、中にはきっと、あなたの持つキャリア、スキルを欲しいと考える企業があるはずです。

40代でキャリアなし、スキルなしは思い込みである可能性が高いのです。

転職を考える40代の悩み

転職について考える40代男性

ビジネスマン

転職を考える40代の悩みとして挙げられるものとしては、次のようなものがあります。

アピールできるキャリアがない

転職を考えた時、これまでの会社員経験で企業にアピールできるキャリアがない・・・と悩んでしまう方も多いと思います。

しかし、ここまでの社会人経験を考えれば、キャリアはあるはずです。

まずはこれまでのキャリア、どういった仕事を経験してきたかを言語化することに取り組んでみてください。

特筆すべきスキル・経験もない

スキルがない、経験もない、ということも上記アピールできるキャリアがないと同様です。

これまでの社会人生活、20年以上の方も多いでしょう。

フリーターやニートの後、遅くに正社員として就職された方でも10年近い社会人経験をお持ちの方も多いと思います。

今までの経験職種をまずは書き出してみてください。

そこからどういった仕事をしてきたかを棚卸をしていきましょう。

そうすれば、身に付けてきたスキル、経験が明確になってくるはずです。

応募できる40代向け求人が少ない

40代ともなれば、応募できる求人が少なくなるのは当然です。

20代、30代向け求人と比較すると確実に少ないです。

ポテンシャル採用も含めて採用が期待できる20代。

即戦力プラス、将来性を期待して採用される30代。

それに比べて高い専門性があり、マネジメント経験も期待される40代では、求人数に差があるのは当たり前と言えます。

マネージャーや管理職としての採用が多く、企業側の選考も難易度が高くなる傾向があります。

しっかりと求職者を選考する姿勢がより強くなるのです。

昔の転職と勝手が違う・・・と転職活動を開始早々に気持ちが萎えてしまう40代の方もいるかもしれません。

しかし、そこで気持ちが負けてしまうようでは、40代で転職に成功するのは難しいでしょう。

実際、40代で転職に成功する人は増えています。

人手不足により、過去と比べて企業側の40代採用需要は高くなってきています。

諦めずに転職活動を続けることで、転職先を見つけられる可能性は閉ざされることはありません。

仕事が見つかるか不安

転職活動をするにあたり、そもそも仕事が見つかるか不安・・・といった方もいるかもしれません。

応募できる求人も少ないですし、ずっと平社員だった、あまりアピールできるキャリアが無い・・・といったことであれば、転職したいけれど仕事が見つかるか不安になるのも仕方ないかもしれません。

しかし、転職を希望する以上は、

「仕事が見つかる」

と思って転職活動を進めていく必要があります。

転職先に馴染めるか不安

転職して新たな職場に馴染めるかどうか、人間関係にスムーズに入っていけるかが不安、といった方も多いと思います。

40代で転職をした場合、転職先の上司が年下、といったことも増えてきます。

同僚も全員年下。

でも自分は年上で、職場のことは何も分からない状況になります。

色々なことを年下の上司、同僚に聞くことになりますし、アドバイスや指摘されることもあるでしょう。

素直にそうしたことを聞くことができる人であれば問題ありませんが、プライドがあり、素直に指摘を受け入れられない場合には、人間関係に問題が生じる可能性があります。

年収が大きくダウンしないか不安

特に大手企業から中小企業、ベンチャー企業やスタートアップに転職をした場合に起こりやすいのが年収ダウンです。

40代、ご家族、お子さんがいれば家計の支出も大きくなっている時期と思います。

転職によって年収ダウンすることがあれば、生活に大きな影響が出ます

40代の転職で年収アップする人もいますが、著しく年収が下がるケースもあります。

年収が下がっても良い金額、許容範囲を決めておくことが必要です。

あなたのキャリアを評価してくれる企業はきっとあります

40代の転職活動

40代の転職活動は、スムーズにいかないことが多いと覚悟しておくと良いです。

もちろん、転職活動をスタートして1社目で内定獲得できる方もいるとは思いますが、多くの40代は10社、20社と受けて内定獲得するケースが多いのです。

また本命の企業以外を受けて、自分に対してどういった反応を示すかを確認することも大切です。

その反応を受けて、応募書類の内容や面接での話し方などを軌道修正していくことが必要になります。

実際に転職活動をしていく中で分かること、直した方が良いことが見えてきます。

毎日の仕事もあり、忙しいとは思いますがある程度、求人に応募していくことは大切です。

40代の転職で重要なのは職務経歴書、面接でのアピール

40代が転職に成功するために重要なのは、経験上からも、やはり職務経歴書と面接でのアピールに尽きるでしょう。

職務経歴書は40代ともなれば、全てを書いていたら多すぎて、かえって読みにくいことになってしまう方もいるかもしれません。

相手に伝わりやすいように情報を編集する力も必要になる部分です。
直近から応募企業に関連する職務経歴をまとめるのも一つの手です。

そのように職務経歴書を作成して、指摘されたことはありません。

面接でのアピールも、内定獲得のためにはとても重要になります。

転職先での業務に合わせた振舞いも必要になってきます。

対顧客の仕事となるのであれば、コミュニケーション能力、人間関係を作れるような明るさ、提案力などが伝わることも必要になってきます。

様々な面で20代、30代よりも厳しく選考されるという前提で、転職の準備をすることが必要になってきます。

自力での転職が難しい40代は転職エージェントを上手く活用する

40代も転職活動の方法は色々あります。

・求人サイト
・転職エージェント
・ハローワーク

ただし前述したとおり、40代向けの求人は少なくなってきていますので、応募先を探すだけでも大変・・・と感じるかもしれません。

それに掲載している企業は、年齢制限を書けないため明記していませんが、30代までの人材を欲しているかもしれません。

そうなれば、応募するだけ時間の無駄になります。

40代の転職活動は、エージェントを利用する方法がおすすめです。

応募企業の情報を持っているエージェントであれば、書類選考通過の可能性から考えて難しければ伝えてもらうことが出来ます。

また、応募書類の添削、面接対策もサポートをしてもらうことも可能です。

上手くエージェントを活用することで、自分一人で転職活動をするよりも、内定率を上げることができるはずです。

ただ、40代にもなるとキャリアによっては転職エージェントの登録を断られることもあります。

その場合、40代でも利用しやすい転職エージェントを活用されるのが良いと思います。

以下の記事にまとめていますので、ご覧になってみてください。

40代向け転職エージェント 関連記事

⇒ 40代は転職エージェントに断られる?利用しやすい転職エージェントは?

40代ともなれば、転職エージェントに断られることも増えてくる年代です。
40代が転職エージェントに断られる理由を抑え、断られないようにする対策を取る必要があります。

また、実際に私が利用してきた中で多くの40代におすすめの転職エージェントは、DODAです。

タイトル

⇒ dodaは40代でも活用できます!40代後半 男性の利用体験談

40代での転職活動、メインでDODAを利用しています。サポート力は、業界トップクラスだと思います。40代でもしっかりサポートしてもらえますので、ぜひ登録してみてください

40代の転職成功には、ポータブルスキルも明確にアピールすることが重要

同僚と仕事をする

40代で転職成功を目指す場合、ぜひアピールしたいことの一つに「ポータブルスキル」があります。

ポータブルスキルとは

「ポータブルスキル」とは、職種の専門性以外に、業種や職種が変わっても持ち運びができる職務遂行上のスキルのことです。

実際に転職活動をしていて、ポータブルスキルを問われている感じはとてもあります。

仕事の仕方、人との関わり方。

職場が変われば仕事のやり方、人間関係もリセットされてゼロからまた学ぶことも多いでしょう。

そうした時、ポータブルスキルは重要です。

自分のポータブルスキルを診断したい、といった方は、

厚生労働省 ポータブルスキル見える化ツール(職業能力診断ツール)
を利用してみるのも良いと思います。

なぜポータルスキルが転職で評価されるのか

なぜ、ポータブルスキルが転職で評価されるのでしょうか。

転職活動が有利になるのでしょうか。

ポータブルスキルはどこの職場でも発揮できるスキル、と言えます。

業種や職種が変わっても、通用する持ち運び可能なスキルです。

ポータブルスキルの3要素、

  • 専門的な技術や知識
  • 業務遂行に関するスキル
  • 対人関係にまつわるスキル

これらがあることで、どの職場に中途で入社したとしても、早期に職場に馴染み、人間関係を構築し、業務に貢献することができるでしょう。

特に40代の求職者は、それまでの仕事経験で身に付いたものも少なからずあります。

採用しても職場に馴染むことができなければ、早期退職してしまう可能性が高くなってしまいます。

ポータブルスキルがある人材は、そうした懸念が少なくて済むと言えます。

40代、即戦力となりうるキャリアも大切ですが、ポータブルスキルも重視する企業が増えています。

だからこそ、40代でアピールできるキャリアがそれほどないと感じている方は、ポータブルスキルをアピールすることが重要なのです。

40代でもキャリアを諦めない

40代、キャリアが無いから・・・と転職を諦める必要はありません。

しっかりと今までの自分の仕事、業務経歴を棚卸して、スキルや経験、ポータブルスキルも洗い出してみてください。

企業にアピールできることが全く何もない、といったことはないはずです。

40代だからといって転職、キャリアを諦める必要はありません。

これからの時代、まだ20年以上働かなくてはならないでしょう。

自分の求めるキャリアを追い求めても良いはずです。

転職に成功するには情報収集がカギになります。

企業の詳しい情報を持つ転職エージェントを利用する方法をおすすめします。

希望するキャリアを実現するためのサポートをしてもらうことができます。

キャリアがない40代の転職、まとめ

自分にはあまり企業にアピールできるキャリアがないかも・・・といった方にも役立つような、40代の転職活動の進め方、準備について次の記事でまとめています。

こちらもぜひご覧になってみてください。

-40代の転職
-,

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5