40代の転職

40代の転職

仕事辞めたい…疲れた40代、対処法と退職前に考えること

40代 転職希望の男性
40代で仕事を辞めたい、色々なことに疲れてしまって…という方も多いと思います。辞めることをほぼ毎日考える瞬間がある。ただ辞めたいけれど、退職後の生活も不安。仕事辞めたい…疲れた40代、対処法と退職前に考えた方がいいことを整理したい…

なんらかの事情があり、仕事を辞めたいと考えている40代の方も多いと思います。

仕事を辞めたい理由として、仕事や生活など諸々含めてなんだか疲れてしまって…といった方もいるのではないでしょうか。

精神的に追い詰められる前に、少し休むことが必要かもしれません。

可能であれば、有給を取って休息を入れましょう。
40代、ズル休みしたって良いんです。

少し休んで考えてみて、やっぱり仕事を辞めたいという気持ちが動かない場合、退職について具体的に考えていきましょう。

実際に仕事を辞めるにしても、辞めないにしても、退職後のことや転職活動をしてみることで、気持ちが整理できる部分はあります。

この記事では、仕事辞めたい…疲れた40代、対処法と退職前に考えることをお伝えしたいと思います。

40代ともなると家族がいて、ご自身の収入が生活に大きな影響を与える男性、女性も多いと思います。

あ辞めた後のことを考えず、勢いで辞めることはあまりおすすめしません。

少し立ち止まって、考えてみていただけたらと思います。

40代は仕事、生活に疲れている

面接がうまくいかない40代の転職

40代は仕事、子育て、人によっては介護・・・と、とても忙しい年代です。

自分の時間なんていうものがなくなって久しい・・・という方も多いのではないでしょうか。

体力も落ちてきて、少し食べ過ぎた体重が増えやすく、痩せにくい。

頭髪も減ってきて自分、老けてきたな・・・
など。

子供もまだまだお金がかかる、むしろこれから高校受験、大学受験と支出が増える一方。
今の給料だと学費を賄えるか不安で仕方ない。

親も介護が必要になりつつあり、心配もあるが忙しくて様子もあまり身に行けていない・・・

など、自分を取り巻く環境が色々とハードになり疲れている40代は多いと思います。

また40代は就職氷河期世代ですから、非正規雇用で働き続けていて未来が見えずに心が疲れてしまっている方もいるかもしれません。

様々な立場の方が、それぞれの生活、仕事によって疲れている。

そんな年代だといえるのではないでしょうか。

特に仕事は人生の中で多くの時間を占めるものです。

仕事が辛い、仕事に疲れていると、毎日の生活も疲れたものになりやすいです。

部下の指導・育成サポートもしつつ、自分もプレイヤーとして成果を出さなければならない、というプレッシャーと忙しさに押しつぶされそう・・・

そうした方も多いと思います。

管理職になり残業が増えて毎日終電間際、睡眠時間も減りパフォーマンスも下がっている
でも明日もまた残業・・・

40代で疲れを感じてしまって仕方ない場合、変えるとしたら働き方が第一かもしれません。

まだ自分は大丈夫、と思っていても急に精神的にきますので気を付けた方が良いです。
(私は過去にそうした経験があります)

安易に辞めることをお勧めする訳ではないのですが、40代で仕事を辞めても転職はできます。

仕事が見つからずに路頭に迷う、といったことを心配して辞めずに頑張り続けて心が壊れてしまう方がまずいです。

少なくない40代の離職率

40代、離職率は実は意外と少なくありません。

転職しにくい年代、というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、近年では人手不足に悩む企業も増えており、未経験者を採用して育てる一方、即戦力となる40代への採用意欲も高まっています。

厚生労働省 令和2年雇用動向調査結果の概要によると、令和2年の40代の離職率は以下のようになっています。

40歳~44歳の離職率 男性 6.5% 女性 11.8%
45歳~49歳の離職率 男性 6.6% 女性 11.5%

全年齢の離職率は男性が12.8%。
女性が15.9%です。

転職活動に積極的な20代、30代などが離職率を高めていることを考えれば、40代の離職率はそこまで低いという訳でもありません。

少なくない40代が仕事を辞めているのです。

疲れた…仕事を辞めたい40代はどうすればいい?

40代、仕事を辞めたいと思っても軽々しく辞めるのは難しいですよね・・・

退職してから、

40代 転職希望の男性
やっぱり退職しなければ良かった・・・前の職場の方が良かった

なんていうことになる可能性も否定できないのです。

何せ、転職って実際に次の会社で働いてみて初めて分かることってとても多いですよね。

それは、何歳で転職しても変わりません。

入社して働き始めてみて、初めて分かることはとても多いのです。

仕事を辞めたいと思った時、まずは

「仕事を辞めるべきか、続けるべきか」

を判断するために色々と状況を整理することをおすすめします。

なぜ辞めたいか、書き出して整理してみる

どうして会社を辞めたいのか、書き出して整理してみましょう。

とても大切な作業です。

自分と向き合うことになりますから、辛いこともあるかもしれません。

しかし、どうして辞めたいのかを明確にしなければ、なんとなく辞めてしまって後悔したり、次の転職先でも同じように辞めたくなる可能性もあります。

一時的な気持ちで辞めてしまうことがないようにする意味もあります。

一時的に疲労が溜まりすぎて、辞めたい気持ちに振れているのかもしれません。

遣り甲斐を感じる瞬間は、今の仕事では無くなってしまいましたか?

  • 給料が低い
  • 残業が多い
  • 上司との人間関係が辛い
  • 仕事にやりがいを感じなくなった
  • 昇進ができない(将来的にも難しい)
  • 会社に将来性が無い

辞めたい理由をどんどん書き出していってください。

思いつくままに書き出していきましょう。

小さなことであっても、辞めたい理由の一つは明確にしていくことが大切です。

逆に辞めたい理由があまり出てこない場合には、実はそこまで辞めたいと思っていないかもしれないのです。

家族・生活への影響を考える

家族がいる場合、自分が仕事を辞めることで生活にどういった影響があるかを考えることが必要です。

経済的な影響はやはり大きいでしょう。

これまでと同様の生活は無理になるかもしれません。
どれくらい貯蓄をしてあるか、にもよりますが・・・それほど長くは維持できないご家庭が多いのではないでしょうか。

子供たちの習い事、塾を辞めてもらうことも必要かもしれません。

住宅ローンがある場合、支払いはどうしましょう。

給料が減ることで、様々な生活面への影響が生じます。

また仕事を辞めることで、子供たちへの心理的な影響もあります。

妻や夫との関係性も悪化するかもしれません。

最初は仕事を辞めて転職することを応援してくれていたとしても、なかなか次の仕事が決まらない・・・塞ぎこんで不機嫌なことが多い、といった事にでもなれば、関係にヒビが入る結果になるかもしれないです。

ましてろくに相談せずに辞めてしまった場合には、家族関係にヒビが入ることは必至です。

家族全体に関わることになりますから、しっかりと相談することは大切だと言えます。

理解して応援してもらえなければ、辛いです。

転職について考えてみる

もし今の仕事を辞めたとしても、生活のためにはお金を稼ぐ必要があります。

仕事に疲れた…と辞めた後の選択肢として、転職が一番にくるといえるでしょう。

どんな仕事をしたいのか、どんな環境で働きたいのか。
まずは今の仕事を辞めたい理由(退職理由)を明確にすることが必要です。

次の転職先でも同じ状況になって、

「こんなはずじゃなかった、辞めたい・・・」

となってしまっては困ります。

40代が転職先を見つけるポイントとしては、

  • 今までの経験が活かせる仕事で探す
  • 40代の転職市場を冷静に把握する
  • 転職サービスは複数を利用する
  • 求人を選びすぎない

などが挙げられます。

40代でも転職は十分に可能ですが、30代以前と比べるとハードルは上がっていることは覚悟しておく必要があります。

実際、書類選考で落ちることが多くなりますから、そこで心が折れる方もいるかもしれません。

しかし、そこは想定の範囲内で転職活動を進めなければ、40代で内定獲得は難しいです。

その会社とはご縁が無かった、と気持ちを切り替えて転職活動を続ける必要があります。

40代にして異業種転職を目指す場合、40代でもずっと働ける仕事を探したい場合には、

の記事もご覧ください。

仕事をこのまま続けるメリット・デメリットを考えてみる

デメリット・メリット

大きな疲れを感じながら仕事を続ける、ということは大変です。

仕事を辞める場合と、続ける場合のメリット・デメリットを比較してみるのも一つの方法です。

仕事を辞めた場合のメリットは、やはり、

それまでの疲れた感じが解消される、人間関係から解放される、激務から解放されるなどがあります。

仕事を辞めることのデメリットとしては、

転職活動をする必要がある、仕事が見つからない場合お金が減り続けるといったことが挙げられます。

貯蓄を取り崩して底を尽きてくると、精神的な追い込まれ感が半端ではありません。

仕事に疲れていた方が楽だった…と思うかもしれませんので、できれば転職先は在職中に決めた方が良いでしょう。

辞めるメリットの方が自分にとって大きい、大切であると感じる場合には、具体的に転職活動をすることを考えるタイミングといえるかもしれません。

仕事辞めたい、疲れた40代の対処法

仕事を辞めたい…

疲れてしまってもう無理かもしれない、という気持ちになることも多い場合、対処することが必要です。

そのまま自分の疲れ切ってしまった心を放っておいて、そのうち気力も回復するだろう、と考えるのは危険です。

自分をもっと大切にしてあげることが、本当に必要ですよ。

まずはゆっくり休む

仕事が辛い、疲れ果ててしまって…という場合、まずはゆっくりと休むことが必要です。

あまりに忙しい日々が続いてしまうと、さらに疲れてしまいます。
気力が回復する暇がありません。

40代 転職希望の男性
かといって、休むと仕事がさらに溜まってしまって大変になってしまう…

という40代は多いでしょう。

仕事も集中しやすい年代ですからね…

それであっても、休みを取ることが大切です。

頑張り屋さんの40代であれば、有給も貯まりまくっていると思います。

1日、ズル休みしましょう。

できれば土日に有給をくっつけて連休にしましょう。

3連休、4連休あれば1日や2日くらいは仕事のことを考えずにボーっとできると思います。

土日の2日間では、土曜日から翌週の仕事を考えて憂うつ・・・となるのではないでしょうか。

まずはゆっくり休んでください。

休まないと、正常な判断が出来なくなります

ゆっくり休んで、気持ちが少しでも落ち着いているときに退職や転職のことを考えるようにしてください。

転職についてじっくり考えてみる

気持ちが落ち着いたときに、転職についてじっくりと考えるようにしてください。

精神的に追い詰められているときは、判断力も落ちているため、あまり決断することはしない方が良いです。

私自身も経験がありますが、忙しさの極致にあるような状態では、辞めたい気持ちしかありません。

実は上司に相談することで改善されることもあったりします。

もちろん人間関係で上司のパワハラが原因で仕事を辞めたい、といった場合には別です。

仕事を辞めることについて、家族と相談する

仕事に疲れてしまって、辞めたいということを、家族に相談することも大切です。

ずっと話さずに突然、仕事を辞めたといった形になってしまうと家族の絆にも亀裂が入ってしまう可能性があります。

家族としても、あなたが我慢し続けて働いて心身ともに不調をきたしてしまうことは望んでいないでしょう(きっと)。

相談してみることで、辞めて転職をすることを応援してくれるかもしれませんし、家族にあなたの気持ちを共有することが出来れば、精神的にも少し楽になるはずです。

副業を始めてみる

仕事に疲れたけれど、転職するほどではない、という40代の方もいると思います。

40代で転職をするのは大変ですし、転職に必ず成功するという保証はありません。

転職したものの、前職の方が実は働きやすかった、と後悔するかもしれないのですよね。

副業を始めてみるのも一つの方法です。

複数の収入源を持つことが出来れば、精神的にも安定する可能性があります。

会社に依存せずに自分の力でお金を稼ぐことが出来れば、それが気持ちの余裕に繋がるかもしれません。

副業からの収入の幹が太くなれば、将来的に独立も視野に入ってくるでしょう。

今までの経験を活かしてできる副業はきっとあるはずです。

経験からコンサルティングの副業ができる方も多いのではないでしょうか。

ココナラなど、スキルシェアのサイトを参考にしてみるのもおすすめです。

40代でも始めやすい副業があります。

WEBライターは未経験からでも始めやすい仕事です。

仕事辞めたい疲れた40代は甘えではない

繰り返しになりますが、40代は仕事の他にも生活面でも大変な年代。
さらにはいうなれば自身の体調(更年期)の崩れもあって、本当に大変になりやすい年代なんですよね。

無理を続けて乗り切れるなら良いのですが、乗り切れないことも実際にあります。

「仕事に疲れた、辞めたいといった自分の考えは甘えなのではないか・・・」

と思っている40代の方も多いと思いますが、本当に甘えているケースは、もうこの年齢を考えると滅多にないと言えます。

今の悩みを一つずつ書き出してみてください。

そして、その悩みをどうすれば解決できるのか、ということに思考をシフトしていきましょう。

無理を続けていては、本当に心身ともに不調になりダウンしてしまう日が来るかもしれません。

意外と休職したり、休職から退職に至るケースもあるんですよ。

その時、会社は回復するまでいつまでも待ってくれるとは限りません。

仕事辞めたい疲れた40代の選択肢

何度も考えてみて、やはり仕事を辞めたい、という結論に達する場合。

選択肢としては以下となるでしょう。

転職する

第一の選択肢は転職です。

仕事を辞めたとしても、生活のためにはお金を稼ぐ必要がありますよね。

過去と比較して、現在は人手不足の業界が多く40代向けの求人も増えてきています。

企業が40代に求めることをしっかりと理解して、アピールすることができれば十分に転職先を決めることは可能です。

私も実際に利用しており、40代でも利用しやすく、おすすめの転職エージェントは以下です。

ぜひ活用をおすすめします。

独立・起業する

仕事を辞めた後、独立・起業するという選択肢もあります。

挑戦してみたい仕事があれば、独立・起業してしまうというのも現実的にアリです。

それまでの業界・業種によってはフリーランスとして独立することもできるでしょう。

IT業界の方は、フリーランスとして活躍しやすいと言えます。

それに資金があまり必要ない起業の仕方もあります。

フランチャイズで起業する場合でも、初期投資の金額もピンキリです。

事業資金が自前で用意できる方は、その範囲内でリスクを取れば良いと思います。

融資を受けるような独立・起業は、リスクが大きいですね。

家族もいる場合、どこまでのリスクなら取れるのか。
どこまで資金を減らしたり赤字が続いたら撤退するか、などは明確にしておいた方が良いでしょう。

40代でも次の仕事は見つかります

40代で転職に成功するには

もし、

「40代だと仕事を辞めた後、転職先が見つからないのではないか…」

と思ってにっちもさっちもいかなくなっているのであれば、大丈夫です。

40代でも次の仕事は見つかります。

仕事探しについては、大丈夫です。

また今の会社で停滞(昇進、昇給など)していると感じている方は、スキルや経歴、実績のアピール次第ではキャリアアップに繋がる可能性もまだまだあります。

次の転職先に求めること、辞めるにあたり改善したいことなどを明確にして、転職活動に取り組んでみてください。

勢いで辞めることだけは避けて欲しいなと思います。

40代の転職は、思っている以上に転職活動期間が長引くことが多いので、その間に運転資金(生活費)が底を尽く可能性があります。

生活の固定費って、そう簡単には下げられませんからね・・・

出来る限り、在職しながらの転職活動をおすすめします。

仕事辞めたい疲れた40代、まとめ

仕事辞めたい。疲れた40代、対処法と退職前に考えること、ということで体験談も踏まえつつ、情報をご紹介させていただきました。

避けたいのは、衝動的に辞めてしまって、その後に路頭に迷う…といったことです。

転職は自力でも良いのですが、少しでも有利に、情報を得て転職活動を進めたいのであれば、転職エージェントを活用されるのが良いでしょう。

以下の記事で、40代でも利用しやすい転職エージェントのおすすめをご紹介しています。

40代は転職エージェントに断られる?利用しやすい転職エージェントは?

情報をしっかりと集めることが、転職成功のカギになります。

複数利用して、自分の市場価値を確認しつつ、求人情報をいかに集めるかが大切です。

-40代の転職
-

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5