40代で転職に成功するには

40代の現実、転職体験談

40代後半、40代では2回目の転職活動

転職に悩む40代男性
40代後半、再び転職活動を始めました。といっても今すぐに転職しなければ、と切迫したものではなく「良いところがあれば応募する」というスタンスでの転職活動です。40代後半の転職活動としてリアルな部分を書いていけたらと思います

ということで、40代後半になり転職活動を再び始めることにしました。

転職活動を始めた理由は、後ほどまとめていますが今の職場での違和感がどんどん強くなってきたことが大きいです。
このまま定年までここにいるつもりなのか、いやちょっと待てよ、という気持ちがあります。

40代後半で転職する人は増えていると言います。

とはいえ年齢的には決して転職は簡単ではありません。
求人数も少ないですし、求められる能力も高いです。

またもし、転職に失敗すれば悲惨な状況に陥るのは容易に想像できます。

ですから、40代の転職活動は在職しながらが基本。

今回の転職活動は在職しながら、良いところがあれば応募するというスタイルで進めようと思っています。

もちろん色々と求人を比較・検討して、

今の職場に残る

という選択肢もあります。

40代後半の転職は、情報収集を徹底的に行うことが成功のポイントとなりますので、転職エージェント経由、自分でも情報収集を行っていくつもりです。

同じようにこれから転職活動をする、という40代の方の少しでもご参考になれば嬉しいです。

40代後半の転職活動

40代の転職、面接

40代後半で転職活動をする人は増えているそうです。

一昔前には、40代で転職なんて無理、といったイメージがあったと思います。

それに40代になったら下手に会社を変えずに、そのまま定年までやり過ごす、という考えの方も多かったのではないでしょうか。

しかし今は違います。

40代でも積極的に転職に動く人が増えています

今はむしろ人手不足もあり、40代も需要が高まっているということなのです。

企業によっては就職氷河期に当てはまる40代がすっぽり抜けており、即戦力、管理職として活躍できる人材を採用したいという需要もあるそうですよ。

とはいえ、40代向けの求人は少ないです。

40代後半の転職は難易度は高いことは間違いありません。

なぜ転職が厳しい40代後半で再び転職活動を始めたか

40代の転職活動が厳しいのは、既に身を持って体験しています。

それでいて、なぜ再び転職活動を始めたかというと、

  • 年収アップを狙えるなら狙いたい
  • 今の職場の仕事での違和感がどんどん大きくなってきた
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 良い求人があれば応募したい

ということになります。

年収アップを狙えるなら狙いたい

これから、子供たちの教育費がさらに増えることを考えると、年収アップを狙えるのであれば狙いたい、というのが正直なところです。

正直、今の職場は残業をかなりこなして平均年収を得られる状況です。

業務量も増える一方。
残業も増える一方。

もちろん全職員が残業増加傾向かというとそうではなく、職位によって、という面はあるにせよ、働き方としては今の時代には逆行している感もあります。

であれば、残業が今よりも少なく、なおかつ平均年収に近い職場であればライフワークバランスも改善されるかと思っています。

子供がいて教育費に頭を悩ませるご家庭であれば、年収が少しでも上がるのであれば、とても助かりますよね。

今の職場の仕事での違和感がどんどん大きくなってきた

入社してから業務内容が変遷していくのは割とあることかと思いますが、やはり業務内容が広がる一方という状況に違和感を感じるようになってきました。

業務が増えるのであれば、手放すものもあって良いと思っているのですが、そうではなく、従来業務も抱えたままさらに業務が増えていくということで業務が溢れている状況となってしまいました。

残業時間を延ばして対応すればなんとかなるのですが、それもどうなのかな・・・という気持ちもあります。

加えて部下の指導、まあ「管理職あるある」かと思いますが、この働き方をこのまま続けていくのもどうか、といった気持ちも膨れてきたというところです。

自分の市場価値を知りたい

40代後半でも今は転職が可能な時代です。

もちろん簡単にすぐに転職できるとは全く思っていませんが、選択肢はもっておきたいと思っています。

そこで、把握しておきたいのが自分の市場価値です。

市場価値を図るには、転職エージェントを利用するのが一番です。

転職エージェントはビジネスとして人材紹介を行っていますから、転職の可能性が低い人材は求人紹介が難しいという返信を貰います。

もちろん求人状況などのタイミングによるところも大きいですから、1つのエージェントに利用を断られても落ち込む必要はありません。

転職エージェントは、3つ、4つと利用することをおすすめします。

私の体験談からも、転職エージェントは複数を利用した方が良いです。

色々と転職エージェントはありますが、以下の2つはまず40代の転職でも必須だと思います。

良い求人があれば応募したい

40代後半の転職では、仕事を辞めてからじっくり探そう、なんていうことをしては自らを危うくさせてしまいます。

転職活動が長期化しやすいからです。

そのため、在職しながらの転職活動が基本です。

どうしても喫緊で辞めなければならない事情がある人以外は、じっくりと情報収集をして、良い求人があれば応募するというスタンスで転職活動をするのがよいです。

転職エージェントを利用しても、あまり情報が得られない企業も実際にはありますが、それでも自分一人で情報収集をするよりは得られます。

ぜひ色々と質問をなげかけてみてください。

レスポンスは早めにすることで、エージェントとも信頼関係を構築することをおすすめします。

40代の転職は、徹底的に情報収集をして自分に合う仕事内容、職場を選ぶことが必須です。

短期で転職を繰り返してしまうことがないようにしたいですね。

40代後半の転職は増加傾向

増える40代の転職

40代の転職は増加傾向にあるそうです。

担当して頂いているエージェントからも聞きました。

少し前の記事ですが、

急増する「40歳超え転職」で求められる人、期待外れの人の違い

という記事もあります。

また、40~50代の転職者がこの10年で激増している背景

も参考になります。

今はさらにその傾向は強まっていると考えられます。

40代の転職は無理、ということは今はもう無いと言えます。

実際、私も現時点で多数の求人紹介を受けています。
(50件弱くらい)

もちろん選考に通過するかは分かりませんが、40代で応募可能と思われる求人がこれだけあるということは、以前では考えにくかったと思います。

40代の転職、なんとかなる?

はい、40代の転職はなんとかなります。

私も40代で転職に成功していますし、エージェントに聞いても40代の転職成功例は多いです。

転職に成功しているのは焦らずにじっくり情報収集をして、応募を重ねていく人です。

1社、2社落ちるのは当たり前。
もっと落ちるでしょう。

40代の転職活動は、書類選考が落ちる確率は高くて当然という気持ちで取り組む必要があるでしょう。

でなければ、モチベーション維持が難しいです。

応募書類の準備などは時間をかけて、自分という商品を売り込むことができるように作りこみましょう。

職務経歴書こそ、重要です。

40代ともなれば、棚卸してみると書くべきことがたくさんある方も多いでしょう。

人によっては全てを職歴として書いていたら、かえって見ずらい可能性もあります。

書き方を工夫する必要があります。

そのあたりは、エージェントに相談をすると良いかもしれません。

転職活動の動き方としては、あらかじめ転職エージェントに登録をしておいて、情報を常に得ておくことがおすすめです。

どんなスキルが必須スキルとして多いのか、待遇はどうか、など自分の希望する業界・職種の情報収集をまずは始めておかれると良いでしょう。

40代後半で転職に成功する人に見られる傾向

40代後半で転職に成功するには、どうしたらいいのでしょうか。

それには40代後半で転職成功する人の共通点を知ることが重要だと思います。

例えば、次のようなことが挙げられます。

事前準備にしっかり時間をかけている

転職に成功するには、準備がとても大切です。
普段の仕事と一緒ですね。

行き当たりばったりでは、転職に成功しません。

転職活動のステップを理解して、それぞれに合った準備を事前にしっかりと行いましょう。

  • キャリアの棚卸し、転職の希望条件、転職理由の明確化
  • 応募書類(履歴書、職務経歴書)の作成
  • 求人探し
  • 応募
  • 面接準備、面接対策
  • 内定・入社準備
  • 退職手続き

転職成功のポイントで重要になるのは、やはり最初のステップ、

キャリアの棚卸し、転職の希望条件、転職理由の明確化

といった部分です。

どうして転職したいのか、転職の希望条件を明確にしなければ、転職して失敗したとなる可能性が高くなってしまいます。

気軽に転職できる年齢ではもうありませんから、そのまま我慢して働き続けるしかない・・・といったことになりかねません。

自己分析なども改めてしておくと良いかもしれないですね。

企業研究を徹底的に行う

40代の転職者に求められるのは、

即戦力

であることです。

応募先企業を徹底的に研究して、どう貢献できるか話せるように準備をすることが必要となります。

業務内容、扱っている商材、競合他社、売上高、将来性など自分で情報収集をしたり、転職エージェントも活用して情報収集を行いましょう。

1次面接が通過したら、待遇についてもしっかりと情報を得ておきましょう。

残業時間が増えてしまうのは避けたい場合には、年収アップしても不満が募る可能性があります。

ライフワークバランスを重視したい場合には、どういった働き方になるか、残業時間、有給休暇の取得率も重要になりますよね。

産休・育休取得状況も確認すると良いです。
男性も今は育休取得がしやすい企業も増えつつあります。

入社後の評価制度、昇給、賞与についても確認ポイントです。

企業研究を徹底的に行うことで、志望動機も作りやすくなりますし、面接対策もしやすくなります。

譲れない条件を明確にする

転職先を選ぶ際、希望条件を全て満たす企業は滅多にありません。

何かしら、妥協することが必要になります。

そのため、絶対に譲れない条件を明確にしておくことが欠かせません。

年収は絶対に落としたくない。
残業時間は月20時間以内にしたい。
子育てや介護のためにリモートワークできる職場で働きたい。
業務内容に最もこだわりたい。

など。

譲れない条件を明確にしておくことで、転職先を妥協することも少なくなります。

複数の方法で転職活動を行っている

40代後半の転職活動は、とにかく応募できる求人が少なくなります。

時間を確保して、複数の方法で求人情報を得るようにすることが転職成功のポイントです。

転職エージェントも複数を利用しましょう。

40代以上なら、ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウト、といったあたりも利用されるのが良いと思います。

情報量が増えます。

転職サイトも活用するようにしてください。
利用する転職サイトによって、掲載している求人は結構違います。

マイナビ転職、リクナビNEXT、greenなど、他にもいろいろありますが、希望する業界・職種で選ばれると良いでしょう。

40代後半で転職成功するには何が必要か

40代で転職に成功するには、どういった行動をしていくと良いかを改めてまとめてみました。

まずは40代での経歴の棚卸

まずは転職活動の準備として、経歴の棚卸しをしておきましょう。

事前にこれまでの経歴の棚卸しをしておくことで、職務経歴書を書く際に時間を節約することが出来ます。

転職エージェントに登録

在職しながら転職活動をする、辞めて転職活動をするにしろ、非公開求人も含めて求人情報を得ることはとても重要です。

転職エージェントへの登録をおすすめします。

企業の詳しい情報を得やすくなるメリットも見逃せません。

40代が利用しやすい転職エージェントとして、以下への登録をおすすめしています。

求人サイトでも求人をチェック

転職エージェントだけではなく、求人サイトでも求人をチェックしましょう。

転職エージェントとはまた違う求人が見つかります。

もしかすると、登録した転職エージェント全てから、

「ご紹介できる求人がありません」

と断りのメールを貰ってしまう方もいるかもしれません。

その場合には、求人探しのメインは求人サイトとなります。

複数の求人サイトを利用することで、応募先企業を多く集められるようになります。

40代後半の転職活動では、応募先企業の求人を集めることも苦労する時期があります。

情報を多く得られるように、複数の求人サイトを活用してください。

40代後半での転職は情報収集を徹底的に行う

応募先もどこでも良い、という訳ではありませんよね?

年齢を考えると、最後の転職活動になる可能性は高いです。

転職して失敗した、なんて思わないようにしたいものです。

それには情報収集を徹底的に行うしかありません。

40代、これまでのキャリアから、転職した後について知りたいことはイメージしやすいでしょう。

残業時間、有給取得率、昇進・昇給の評価基準、業務内容、社風、経営方針、リモートワークの有無、などなど。

気になる点を、一度リストアップしてみてください。
頭の中だけで考えるのではなく、紙に書いても良いですし、スマホのメモに書きだすのでも良いです。

初めての転職だと、難しいケースもあるかもしれませんね。
その場合、転職エージェントに相談するなどして、確認すべき点をアドバイスもらうと良いかもしれません。

知り合いに転職経験者がいれば、転職時に確認すべきポイントなど、意見を求めてみるのもおすすめです。

転職活動のスタンスは、良い企業があれば応募

転職活動のスタンスとしては、焦らずに良い企業が見つかれば応募、が良いと思います。

メンタル的にやられていて、すぐに転職しないとマズイ・・・といった場合には別ですが、拙速に転職活動を進めてしまうと、

「企業選びに失敗したかも・・・」

となる可能性が高くなってしまいます。

焦らずに自分に希望に合った企業が見つかった場合にだけ応募することをおすすめします。

ただ、書類選考は通りにくいです。

だからこそ、応募書類をしっかりと作りこむことが欠かせません。

転職エージェントを利用して応募書類のアドバイスを貰うのも手です。

客観的にアドバイスを貰うことが出来ます。

40代後半での転職は在職しながら転職活動が基本

40代後半で仕事を辞めて少し休んでリフレッシュしてから、転職活動をゆるゆると始める・・・

のはNGです。

よほど実績があれば別ですが、大多数の40代にとっては、そうした空白期間は鬼門です。

転職活動の難易度を激高くしてしまいます。

40代後半、辞めてから転職活動はリスクが高すぎる

40代、ご家族がいる方も多いと思います。
つまり、生活費が高いということ。

固定費は簡単には減らせないのです。

みるみる貯蓄が減っていくのは恐怖としかいえません。

どこでも良いから働かなくては・・・

という精神状態になると、もうまともに転職活動をするのは無理だと言えます。

在職しながら転職活動することで、経済的に困窮することだけは避けましょう。

40代後半、転職活動 まとめ

40代後半の転職活動、始めた理由・きっかけ、転職を成功させるポイントなどについてご紹介をさせていただきました。

年齢的には厳しい転職活動にはなりますが、決して無理ではありません。

自分という商品を企業に売り込むために、どういった見せ方(アピール)をすると良いのか、しっかり時間を取って練り上げていきましょう。

私もこれから頑張ります。

ですので、同じように転職活動をされる40代の方、一緒に頑張りましょう。

まだまだ自分にとって良い会社、働き甲斐のある会社を探せる年齢ですよ。

おすすめ転職エージェント

私も今回の転職活動に利用している、40代にオススメの転職エージェントを最後にご紹介します。

ぜひご登録して、活用してみてください。

-40代の現実、転職体験談
-,

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5