転職失敗

40代の転職

40代転職 失敗は悲惨。年収激減な悲惨を避けるには

転職に悩む40代男性
もう40代も後半、今47歳。人生で最後の転職に挑戦しようと思っているけれど・・・40代で転職失敗すると地獄、ってよく言うよね。自分に限って、そうはならないと思ってはいるんだけれど・・・
40代の転職。

今が人生で最後の転職にチャレンジできる年齢、と思っている方も多いと思います。

35歳転職限界説なんかはもう過去のもの。
今は40代、50代の転職も増加傾向です。

企業も過去よりは柔軟に人材採用を考えて始めています。

しかし、40代後半などで転職に挑戦して失敗。
悲惨な状況に陥っている方は多いのです。

40代転職 失敗は悲惨です。

40代での転職失敗は即、後悔と言うことになりかねません。
しかも年収が激減する可能性もあり、悲惨な状況が大きな口を開けて待っているケースが多いのです。

この記事では40代の転職で失敗を避け、成功を手に入れるために大切なポイントを解説しています。

これから転職に踏み出そうという特に47歳、48歳、49歳といった40代後半の方は、ぜひ参考にしてみてください。

40代で転職に失敗すると悲惨!

40代転職に失敗すると悲惨

40代で転職に失敗すると、本当に悲惨な状況に陥ります

家族がいる方であれば本当に悲惨。

独身の方も40代で転職に失敗すると、かなり悲惨な状況になります。
末路へ辿り着いてしまう可能性も否定できません。

40代の転職で陥りやすい状況です。

40代が転職で失敗しやすいこと

  • 焦って転職先を決めたので失敗した
  • 結果、短期退職して無職
  • 次の転職先が決まらず経済的に困窮

といったパターン。

他には、

  • 転職先を決めずに退職
  • 履歴書を200社など送っても面接に辿り着けない
  • 経済的に困窮

といったようなパターンです。

いずれも、転職に失敗するとお金が厳しくなります。

それは、40代は転職先を見つけるのが簡単ではないからです。

20代、30代で転職活動したことがある方も多いと思いますが、その歳と比べて、倍以上は転職活動の期間が必要、と考えておいた方がいいかもしれません。

転職したとしても、転職先の人間関係が合わず退職に至るケースは意外とあります。

いじめ、パワハラ、激務などで心を病んで退職するケースもあります。

もしかすると、今の会社を辞めないという選択肢が一番いい、という可能性も考慮した方が良いでしょう。

40代の転職は、本当に色々なケースを考え抜いて、決断することが大切だと思っています。

40代の転職失敗で悲惨なのは年収が激減すること

無職だとお金が減る

40代で転職に失敗すると、何が一番困るか、悲惨かというと、

「お金」

です。

結婚されていてお子さんがいる場合、40代がちょうど出費が大きいのではないでしょうか。

  • 子供の教育費
  • 食費
  • 住宅ローン

もしかすると親の介護なども始まっているご家庭もあるかもしれません。

自分たちの老後資金が気になる年代でもありますが、貯めるどころではなく、むしろマイナスかもしれないですね。

みるみる貯金が減っていくのは恐怖でしかありません。

色々な支払いのことを考えて、夜も眠れなくなる。
実際の話です。

独身の方でも、転職は長期化しやすいです。
失業給付を貰ったとしても、給付期間中に転職先が決まらないケースが多いのです。

それ以上に時間がかかる。

そうなると、貯金を切り崩して生活するしかありません。

いずれにしても、

「お金」

が減っていくプレッシャーは言葉にできないほど、辛いものです。

40代の転職は長期化しやすい

40代男性の転職活動

40代の転職活動は、思っているよりも長期間となるでしょう。

人によっては、半年、1年以上転職活動にかかるケースもあります。

それを考えると、

今の仕事を辞めてから転職先を探そう

という考えは非常にリスクが高いです。

また、今の職場を早く辞めたいから、と退職してから次の転職先を探すのも困難を極めることが多くなります。

リストラ、勤務先の倒産といった状況になると致し方ない面もありますが、できれば40代は在職中に次の転職先を見つけるようにすることが大切です。

40代の転職に失敗すると、リカバリーが困難で悲惨

40代の転職は失敗すると、リカバリーが困難です。

実際、転職して実際に働きだしてみなければ分からないことってたくさんありますよね。

職場の人間関係、上司との関係性。
40代での転職の場合、転職先の上司が年下になる可能性は高いでしょう。

転職して成果が出せなくて焦る、人間関係が作れず分からないことがあっても誰にも聞けない・・・

転職して失敗した

と感じる瞬間は多いかもしれません。

しかし、すぐに辞めることは避けたいですよね。

40代の短期離職の職歴は、次の転職に非常にマイナスです。

転職成功率がどんどん下がっていってしまいます。

だから、転職に失敗したと思っても我慢してしがみつく、といったことになりやすいのです。

「これなら前の職場の方が良かった・・・」

と思っても、後の祭りです。

20代、30代なら転職に失敗しても、また転職してやり直す機会を得やすいですが、40代はそうはいきません。

我慢して働き続けるしかない、という状況に陥る可能性が高いのです。

40代は短期間で転職はできるのか?

40代男性の転職、成功のポイント

とはいえ、どうしてもブラック企業だったりしたら早期に退職して転職を考えるケースもあるでしょう。

心身ともに不調となってまで、働き続けるのは無理です。
メンタルダウンして休職、退職すると社会復帰まで1年、2年と要してしまう可能性もあります。

それだけは避けなくてはなりません。

実際のところ、転職活動のやり方によっては40代でも短期間で転職は可能です。

40代の方の転職体験談ブログなどでも、短期間に転職に成功した方もいますし、エージェントからの情報でも、短期間で転職する方は実際にいます。

ですから、絶対に転職できないということはありません。

人によっては、40代で3回、4回と転職に成功しているケースもあります。

40代の転職に欠かせない転職エージェント

40代の転職は難易度が高くなります。
だからこそ、企業の詳しい情報を得られる転職エージェントの活用が欠かせません。

中でも、40代向けなのが、

です。

いずれも40代向けの求人が多いので、まずは相談をしてみてください。

登録は無料です。

40代の転職は書類選考から厳しい、悲惨な状況の人も

40代の転職活動は、思っている以上に厳しくなります。

私もそうでしたが、書類選考が通りません

管理職の経験もある、部下のマネジメント経験もある、大きなプロジェクトの成功経験もある・・・

などある程度自信がある方でも、かなり苦戦するのが実情です。

書類選考が通らないと、面接が受けられません。

転職サイトによってはカジュアル面談もありますが、それも断られます。

100社、200社と応募して書類選考が通らないという悲惨な状況になる方も。

なぜ40代の転職は厳しいのか

40代の転職は書類選考が通らない

なぜ、40代の転職はかくも厳しいのでしょうか。

そもそも書類選考が通らない理由としては、次のようなことが考えられます。

  • 40代という年齢が壁になっている
  • 企業の求める経験、スキルを持っていない
  • 応募書類の書き方がイマイチ

40代の転職が難しくなる一番の理由は、40代向けの求人が少ないことです。

また、年齢的に40代に求められるのは管理職やマネジメント、事業を推進する能力。

それも即戦力です。

そのため、企業としても厳しい目で人材を評価することになります。

ポテンシャルを期待して採用、といったことにはなりにくいのです。

今、求めるスキルや経験を持っているかどうか、入社してすぐに成果が出せる人材なのかどうか(再現性、ポータブルスキル)といった点で評価されます。

他に気を付けたいのは、履歴書や職務経歴書の書き方です。

特に職務経歴書は、40代にもなると書くことが多く厚くなりがちです。

しかしそこを見やすく簡潔にまとめることが重要なのです。

改めて見直してみて、履歴書や職務経歴書がイマイチ・・・といった可能性もあります。

第三者に見てもらい、客観的に意見をもらうことも必要かもしれません。

企業が採用したい40代とのズレ

企業が採用したい40代は、先ほども述べましたが、

  • 即戦力であること
  • 管理職やマネジメントのポジションで活躍できる
  • 事業を推進できる能力がある

といったことです。

未経験者でやる気がある人材を採用する、といった事は、まずありません。

また新たな環境に馴染める人材かどうかも重視しています。

40代はそれまでの働き方、前職のやり方などをどうしても引きずってしまいがちです。

そうしたことがなく、謙虚に新たな職場に馴染めるか、周囲のスタッフと積極的にコミュニケーションを取れるかどうか、といったことも重視して人材採用の選考を行っています。

そうした視点で、面接対策をすることも重要になります。

40代向け転職エージェントとしてご紹介させて頂いた、

などを利用してサポートを受けるのも一つの方法です。

客観的に修正点を教えてもらうことが出来ます。

たくさんの転職希望者のサポートをしてきていますし、転職成功者の履歴書や職務経歴書も見てきていますから、そうした視点でのアドバイスが期待できます。

40代が転職失敗しないためには

40代が転職に失敗しないためには、次のポイントをしっかり抑えることが重要です。

  • 自分のこれまでの経験を活かせる業界・業種で転職する
  • 企業選びを徹底的にする
  • 企業とのミスマッチを防ぐ
  • 年収アップにこだわり過ぎない

40代が転職して失敗したと感じることが多いのは、

自分と企業の期待とのミスマッチ

であることが多いです。

自分なりにこんな働き方をしたい、こんな風に貢献したい、というイメージがあると思いますが、企業は違うことを期待していた場合。

ミスマッチが生じてしまいます。

結果、成果を出すことが出来ずに気持ちが辛くなってきてしまう・・・周囲からも、期待外れといった視線で見られているように感じてしまうのです。

重要なので繰り返していますが、40代に求められているのは即戦力であることです。

職場に慣れる期間が必要だとはいっても、できる限り早く馴染むことが求められます。

半年、1年かけて職場に慣れて、それから仕事で成果を上げていく・・・という悠長なことはできません。

今までの経験が活かせることは大前提です。
それには業界・業種を選ぶことが必要になります。

企業が求めていることを見極めて、それに応えられるかどうか。
ミスマッチを防ぐことも必要です。

また年収アップにこだわりすぎると、自分に合った会社を見過ごしてしまう可能性があります。

今の年収が相場よりも低い場合には、年収アップも期待できるかもしれません。

しかし今、高年収を得ている場合には維持できれば十分、もしくは若干下がることも許容することが必要かもしれません。

40代は転職エージェントに断られることも

40代の転職では、転職エージェントを活用する方法がおすすめです。

企業の詳しい情報を持っているため、ミスマッチを防ぐことに役立ってくれます。

転職エージェントを利用する際の注意点を一つ書いておくと、求人紹介が出来そうにない人材には、担当者が付くことを断るケースがあるということです。

あなたの経験、スキル。
そして、転職を希望する業種・職種によって、求人数も大きく変わってきますので、こればっかりは登録してみないと分かりません。

40代の転職では、専任の担当者がついてのサポートを期待する方が多いでしょう。

しかし、場合によっては担当者が付けられないと断られることがあります。

「残念ですが、今あなたに紹介できる求人があまりないようです」

といったメールが届く 場合があります。

今まで複数の転職エージェントを利用して転職活動をしてきましたが、40代でもエージェントサービスが断られにくいのが、

DODA

です。

40代で何度か利用していますが、DODAは毎回サポートをしてもらうことが出来ました。

他のエージェントサービスで断られた方は、ぜひ活用してみてください。

40代が悲惨な転職を避けるには

40代が転職に失敗し、悲惨な状況になることを避けるには、以下に注意することが必要です。

在職中に転職先を決める

どうしても今の職場を辞めざるを得ないこともあるかもしれませんが、できれば在職中に転職先を決めましょう。

40代の転職活動は思っている以上に長引くことがあります。

退職して無職になってしまっていると、収入がありません。

生活費を取り崩していると、あっという間に貯金が無くなっていきます。

昔若かった時のように切り詰めたら10万円以下で生活できる、といったことはないでしょう。

生活レベルを一気に落とすことは難しいです。

特にご家族がいたら、お金は切実な問題になります。

もうどこでも良いから転職したい、と思っても40代は決まらないのです。

前職の仕事、職場と比較をしない

転職してからやってはいけないことの一つが、前職と比較してしまわないことです。

「前の職場でのやり方は・・・」

など事あるごとに持ち出すと、周囲のひんしゅくを買うでしょう。

新しい職場に馴染めない人、馴染む気が無い人、というレッテルを貼られるかもしれません。

そうなると、次第に職場にいづらくなってしまいます。

役職について拘らない

年齢的には前職で課長、部長といった方もいらっしゃるかもしれません。

転職先で同じポジションだとまた違いますが、場合によっては一社員からスタートして、実力を見極めてから昇進するケースもあるでしょう。

役職にこだわって転職をしようと思った場合、企業としては求職者の本当の実力が分からないために、役職ありきでの採用は難しいと判断されることもあります。

年収が下がる許容範囲を考える

もし今、高年収を得ている方であれば、年収が下がることも想定して転職活動をすることが必要です。

これまでの実績、持っているスキル、知識が企業が求めるものとマッチしていれば、高待遇で迎えたいという判断をしてもらえるケースはあります。

しかし、年収1千万円得ている人が同様な年収で転職できるのは稀です。

企業としても、新たに採用する人材がそれだけの年収に見合った活躍をするか未知数です。

最初は低く抑えたい、と考えるのが一般的と言えます。

即戦力を求められていることを認識する

40代の転職者に求められているのは、即戦力であることです。

成果を出せなければ、採用された意味がない、という気持ちを持って仕事にあたることが必要です。

そのためには積極的にコミュニケーションを取り、分からないことを確認し、仕事を進めていくことが必要です。

教えてもらうのを待っているような人には、厳しいでしょう。

積極的に教わる気持ちを持つ

40代で転職をすると、周囲のスタッフ、上司が年下ということはよくあります。

そうした場合でも、分からないことは謙虚に教えてもらう、質問することが必要です。

質問することでコミュニケーションを取ることもできますね。

40代で短期転職を繰り返すとさらに悲惨になる可能性が

40代の転職は地獄

40代で転職、職場が合わないから辞めて、次の転職先も合わなかったり不満があって辞める、など短期転職を繰り返してしまうと、次第に転職ができなくなってしまいます。

転職先が見つからないと悲惨です。

経済的に困窮してしまいます。

短期転職者に対しては、やはり企業は厳しい目を向けます。

採用しても辞めてしまうのでは、嫌なことがあったらすぐに辞めるのでは。

そう思われる経歴になってしまうため、しっかりと企業研究をして長く勤められる企業に応募することが必要です。

40代、転職を繰り返して末路を迎えないために

40代で転職に失敗してしまうと、悲惨な状況に陥りやすいです。

転職先が見つからず、空白期間が長くなると末路を迎えやすくなります。

正社員のルートに戻れなくなる、ということです。

40代以降、非正規雇用になってしまうと、正社員になるのは非常に困難です。

転職に失敗しないことが必要です。

そのためには、しっかりと企業研究を行い、自分に合った会社に転職を決めることです。

40代も利用しやすい転職エージェント

40代の転職

40代の転職では、情報収集がカギになります。

自分と企業とのミスマッチが生じることを防ぎ、長く働ける会社に転職をすること。

自分の力を発揮できる会社に転職することが必要です。

そのために転職エージェントの活用をお勧めしています。

企業の内部情報に詳しく、必要があれば情報を確認してもらうことが出来ます。

40代におすすめの転職エージェントとして、

40代の転職に欠かせない転職エージェント

をご紹介させていただきました。

40代の転職は難易度が高くなります。

だからこそ、企業の詳しい情報を得られる転職エージェントの活用が欠かせません。

いずれも40代向けの求人が多いので、まずは相談をしてみてくださ

40代でもエージェントサービスが利用しやすいのは、DODAです。

40代で転職に失敗して悲惨にならないために

40代で転職に失敗すると、悲惨です。

会社を辞めてからの転職活動に失敗すると、本当に悲惨です。

転職先で働き始めて、合わないことが分かるのも悲惨です。
年齢的には、もう転職を諦めて我慢して働き続けなくてはならないかもしれません。

1年かけて転職活動してきた場合、また1年くらい転職活動をするのか・・・と思ったら、我慢して働き続けることを選ぶかもしれないです。

40代は転職に成功する必要があります。

そのためには、情報がとにかく大切です。

企業の内部情報にも詳しい転職エージェントの活用が欠かせません。

在職中に転職先を見つける場合には、なおさら転職エージェントのサポートは必要です。

記事中では40代向けの転職エージェントをご紹介させていただきました。

ぜひ活用して、40代の転職を成功させてください。

40代の転職 関連記事

男性が40代からでも一生できる仕事

男性が40代からでもできる仕事はあります。
どういった仕事なら、40代でも挑戦できるか知りたい方へ。

「40代スキルなし」で転職する場合、どんな転職活動が必要?

スキルなし40代が転職を成功させるかを解説しています。

40代の転職は地獄と言われる理由

40代で転職した私の経験も織り交ぜながら、40代の転職で地獄を見ないために気を付けるべきポイントについてもご紹介します。

-40代の転職
-,

© 2022 ヒビノホウマツ Powered by AFFINGER5