40代男性の転職活動

40代 未経験の転職

男性が40代からでもできる仕事

40代 転職希望の男性
40代の男性できる仕事には何がある?今の仕事を辞めて心機一転、違う仕事で頑張りたい。40代で未経験の仕事へ転職を目指すのは厳しいとは思うけれど・・・転職したい。
男性が40代からでもできる仕事はあります。

会社が倒産した、リストラされてしまったなど、事情があり40代半ば、40代後半で転職活動をしなくてはならない人も多いと思います。

個人事業やフリーランスから正社員としての転職を目指す方も、このご時世では多いかもしれません。

飲食店などを経営されていて廃業。
個人事業や経営者から正社員としての転職先を探している、といった方もいるかもしれません。

もしご家族がいれば、40代は特にお金がかかる年代といって良いと思います。

仕事を探す必要がある40代男性向け。

私もあと3ヵ月、転職活動をしてみて仕事が決まらなければ、未経験であっても応募できる仕事への応募に切り替えようかと思い、いろいろと求人を探してみました。

その中で見つかった、男性が40代からでもできる仕事をご紹介します。

男性が40代からでもできる仕事

工場の仕事に転職

もし、40代男性が今から未経験でもできる仕事をしなくてはならない、としたら。

どういった職種の選択肢、40代男性の未経験歓迎求人があるでしょうか。

より良い転職先の選択肢としては、今までの経験を活かせる職種に転職ができるといいのでしょうけれど、40代ともなれば管理職、マネジメント経験がないと難しいケースが増えてきてしまいます。

残念ながら希望の転職が難しい・・・という方も多いのではないでしょうか。

新たに仕事を探して転職をしなくてはならない、としたら。

男性が40代からでもできる仕事には次のような仕事があります。

40代男性の求人にはどんなものがあるか

40代向けが活躍できる仕事、求人として見つかる仕事として、次のようなものがあります。

介護職

介護職は40代、未経験でも積極的に採用してくれる介護施設も多く、転職先として有望です。

介護業界は人手不足が深刻と言われることが多く、人柄で採用選考をしてくれる事業所も多いことが特徴です。

つまり、未経験でもやる気があり、人柄が良く仕事に熱心に取り組んでくれそうな方であれば、正社員としての採用の可能性は十分にあります。

介護業界の求人倍率は他の業界よりも高めです。

2021年5月の求人倍率を職業別にみると、介護サービスは3.37倍となっています。

2021年5月の有効求人倍率は1.09ですから、依然として、人手不足といえます。

介護業界は40代の転職の受け皿の一つとなっている、ともいえます。

資格を取得してキャリアアップを目指すこともできますから、人の役に立つ仕事がしたい、介護の仕事に興味があったという方は積極的に求人に応募されてみてはいかがでしょうか。

土木作業員

40代、土木業界に転職

体力に自信があれば、建設・土木業界の仕事を狙うことも可能です。

40代で土木・建築業界への転職をお考えになる方もいるでしょう。

土木・建築業界も慢性的に人手不足です。

実際、40歳を超えて未経験で転職する方も多く、また採用する会社も多いです。

体力的に問題がなければ、70歳を超えてもお仕事を続け活躍されている方もいます。

こう考えると、慢性的に人手不足な業界こそ40代、未経験でも転職できる可能性があるという状況が見えてきます。

警備員

40代、警備員に転職

警備員も40代の採用が見込める仕事の一つです。
未経験からでも警備員に転職することはできます。

やはり、警備業界も人手不足だからです。

道路工事現場をはじめとして、オフィス、銀行、商業施設、イベント会場など様々な場所で需要があります。

正社員の求人も多数ありますが、契約社員として入社し正社員登用という道もあります。

警備員は40代でも転職を目指すことができます。

タクシー運転手

40代、タクシードライバーに転職

タクシー 夜

タクシー運転手も40代で転職を目指すことができる職種です。

40代は若手ですから、タクシー会社も積極的に採用を考えてくれることが多いといえます。

タクシードライバーとしては、年齢が若い方が運転に関しても安全性が高いですよね。

高齢ドライバーほど、事故の確率が上がるのは事実です。

今の状況下でも将来を見据えて、タクシー運転手の採用に力を入れているタクシー会社も多いですよ。

車の運転が好きな方、あまり職場で人と関わりたくない方には向いているといえます。

夜勤で稼ぎにくくなっているため、平均年収は下がり傾向ではある点には注意が必要かもしれません。

タクシー運転手になるには普通自動車二種免許を取得する必要がありますが、費用を補助してくれるタクシー会社が大半です。

40代男性が転職しやすい職種として、タクシー運転手も選択肢といえるでしょう。

清掃員

清掃員も未経験から始めやすい仕事です。

年齢を問わず、採用してくれる会社も多いです。
テーマパークやオフィスビル、病院、官公庁が職場としては多いでしょう。

オフィスビルや学校の床やトイレの清掃、ゴミ処理などが主な業務内容となります。

近年はハウスクリーニング系の仕事の需要も増えており、スキルを磨いて独立、といった将来も描くことができます。

ただし、フランチャイズ選びには注意は必要となります。

期間工

期間工の仕事の中には、40代からでも始めやすい仕事もあります。

期間工といえば高給与が稼げる、というイメージもあるかもしれませんが、それは基本的には体力が必要なハードなラインで働く場合です。

40代未経験で採用してもらうのは難しいでしょう。

トヨタ、ホンダ、日産、スバル、いすゞ自動車、三菱など様々な自動車メーカーがありますが、未経験から期間工として働く場合、基本的には20代が採用されます(一部30代)。

40代でも働くことができる期間工の求人に関しては、部品系メーカーが良いでしょう。

応募可能な部品系メーカーの求人に関しては、派遣会社に問い合わせをして確認する必要があります。

トラックドライバー

トラックドライバーに転職

運輸・トラック業界も人手不足が深刻です。

ネット通販の需要が急激に伸びているため、ドライバーの数が追い付ていないという状況です。

また体力的にきつい仕事でもあり、他の職種に転職しやすい20代、30代はドライバーの仕事を敬遠しがちです。

そのため、40代、50代の活躍が多いのがトラックドライバーです。

40代での転職はそれほど珍しくありません。

ただし、体力、精神力どちらも必要な仕事といわれます。

給料の高さだけで選ぶのではなく、休日がしっかり取りやすい会社なのかどうか、未経験でも働きやすい会社かどうか、といった点も考慮して転職先を選ぶ必要がありそうです。

40代男性の仕事探し

40代男性がこれから転職できる仕事、ということで探す場合には、現実的にはそれほど職種の選択肢は多くはありません。

そして40代、中高年ともなれば転職するのは簡単なことではないですよね。

もちろん中高年とはいっても、それまでの経験やスキル、管理職経験を評価されて再就職先がスムーズに決まる方もいます。

しかし、大半の中高年は転職に苦労するのが現実です。

書類選考通過率も30代の頃よりも半分以下に落ちた、という転職活動経験者の方も多いのでは、と思います。

実際、今までに転職活動をしてきて、書類選考に落ち続けていて面接を受けることができていない、という40代男性も多いのではないでしょうか。

家族がいる方の場合、毎月の出費も大きいと思います。
生活レベルも急には落とすことができないですよね。

早く転職して給料を稼がなくては・・・と焦りがある方も多いのでは。

とはいえ、焦ってどんな仕事でもいいから転職先を決める、ということは避けたいですよね。

優先順位をつけて、転職先を考えていくことが必要です。

優先順位をつけて転職先を探す

40代男性の転職

転職先を探す場合、優先順位をつけることは大切です。

  • 給料・年収
  • 残業
  • 休日数
  • 仕事内容
  • 寮・社宅あり

などでしょうか。

仕事内容よりも、40代の自分を採用してくれるかどうかが重要、とお考えになっている方も多いかもしれません。

40代男性がこれからできる仕事、ということで職種については先ほどご紹介しました。

こうした業界・職種の求人を中心に探し応募していくことで、全く転職先が見つからない、という状況になることは避けられると思います。

失業期間が長く、経済的に追い詰められていく、といった状況だけは避けたいですね。

40代男性が就職・転職するときの注意点

40代男性が就職・転職するときの注意点としては、仕事探しの期間が長引くことがある、ということでしょうか。

1社目、2社目、3社目といったように再就職先探しを始めてすぐに、正社員としての採用が決まる方はレアといえます。

転職活動を始めて、半年、1年と長期間に渡る方もいます。

その間、アルバイトをしながら生活費を稼ぎつつ転職活動をする、といったことも必要かもしれません。

不採用が続いても、気持ちを切り替えて次の会社、求人を探す、といったメンタルがとても大切です。

きっと自分と縁のある会社がある、という気持ちで応募を続けてください。

若手中心の業界、企業への転職は難しい

求人サイトを見れば、様々な企業が人材採用を掲載しています。

業界経験があるから、応募してみようかな・・・と考えることもあると思います。

しかし、求人広告から若手を積極採用していることが分かる場合、40代は経験者でも書類選考で落ちることがほとんどです。

上司が年下、職場の雰囲気が崩れる、などのほか、様々な理由が考えられます。

よほど専門性が高く、マネジメント経験が豊富で企業が成長するために活躍できる人材、と評価してもらえるなら別ですが、なかなか難しいでしょう。

若手が中心に活躍している企業は、応募先の候補から外した方が時間を無駄にしなくていいといえそうです。

40代男性の就職・転職を成功させるポイント

40代男性の転職、成功のポイント

40代男性がこれからできる仕事を探す場合、次のような点に気を付けることで成功しやすくなります。

自分の強みを理解する

転職にあたり、自己PRをする必要があります。

自分の強み、スキル、得意なことを自己分析によって明確にしておきましょう。

どう、応募先の企業に役立つか、どんなことで活躍して事業に貢献するのか。

40代の履歴書や職務経歴書を見て、未経験だけれど頑張りたい!としか書いていない場合、採用担当者はガッカリすることが多いです。

未経験だが、こういったことで貢献したい。

そうした仕事への熱意も記載することが大切です。

未経験だからこそ頑張るのは当たり前。

長く働きたい、といったこともアピールとなります。

転職へのモチベーションを維持する

先ほども書いたのですが、中高年の転職活動は長期化することが多いです。

2,3ヵ月でスムーズに決まることは少ないでしょう。

半年~1年など想定しておいた方が良いかもしれません。

不採用が続いても、気持ちを切り替えて次の求人に応募すること。

不採用は単にその会社と縁がなかっただけ、と考えて転職活動を続けていきましょう。

モチベーションを落とさないようにすることが大切です。

働く意欲をしっかり伝える

採用担当者は未経験者には特に、働く意欲をしっかり持っていることを希望しています。

未経験だからこそ、就職してからも大変なことが多いでしょう。

分からないことが多いほど、働く上ではストレスを感じるもの。

職場の先輩、上司(年下になることも多いです)と積極的にコミュニケーションを取っていきたい、といったこともアピール材料となります。

どうしても応募先の企業がで働きたいのか、どういった人材になっていきたいのか、入社したらどう事業に貢献していきたいのか。

ポジティブな言葉で、働く意欲をしっかり伝えることが40代男性が未経験の仕事に転職するために最も重要なポイントといえるでしょう。

入社支度金支給あり求人を狙ってみる

職種の中には、入社支度金支給あり、という求人があるものも。

タクシー運転手などはその代表と言えるかもしれません。

入社して働かなくてはならない期間など、縛りもありますから条件面はしっかり確認が必要です。

しかし、生活費が乏しくなってきている方にとっては、入社支度金ありの求人は、また違った魅力があるといえます。

とはいえ、仕事内容に全く興味がないと仕事が続きませんから、そのあたりもしっかりと検討する必要はあるでしょう。

40代からでもできる仕事 男性の求人、まとめ

男性が40代からでもできる仕事をまとめると、未経験でも応募できる仕事はある、採用される可能性も十分ある、ということになります。

働きたい業界・職種を絞ることが出来たら、さっそく実際に求人を探してみてください。

その業界に特化した就職・転職エージェントがある場合、登録して相談するのもおすすめです。

業界に特化した転職エージェントの場合、未経験でも積極的に採用している企業の情報を持っていることも少なくありません。

40代男性、未経験OKの求人を効率よく探すことができる可能性があります。

高齢化社会を考えると、40代はまだまだ若手、と言える年齢になっています。

実際、40代なら若手、未経験者を積極的に採用したい、という業界や会社もあります。

40代からでもできる仕事をご紹介しました。

介護職、タクシードライバー、警備員、他にも探せばまだ仕事は見つかります。

ただし、40代を超えて転職回数が増えてくると、どの仕事も次第に転職は厳しくなってきてしまいます。

長く続けられそうかどうか、といったことも考慮しながら転職先探しをすることが大切です。

-40代 未経験の転職
-

© 2021 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5