40代の転職

40代 未経験の転職

「40代スキルなし」で転職する場合、どんな転職活動が必要?

40代 転職希望の男性
40代、スキルなしだけど転職したい。今の会社で定年まで働くのは辛い・・・転職をするなら年齢的にラストチャンスかなと。マネジメント経験なし、スキルなしで40代が転職に成功するためのポイントを知りたい

40代の転職は地獄と言いますが、実際、転職活動を始めてみてからその厳しさに気づく・・・といった40代の方は多いです。

実は私もその一人だったのですが・・・

スキルなしだと、さらに40代の転職は難しくなります

しかし、スキルなしとは言っても、今までの経験を言語化していくと強みになるケースはとても多いです。

今は高齢化もあり、40代の転職も増えてきました。

一昔前は転職は35歳を境に急激に難しくなり、40代の転職は話題になることもあまり無いくらいでした。
それだけ、40代の転職は難しかったのです。

今は違います。
40代の転職も増えています。

とはいえ、30代と比較してもハードルは高いです。

アピール内容を間違えると、いつまで経っても内定が貰えずに転職活動が続くことになります。(場合によっては転職活動に挫折します)

そうした状況の中でどう、スキルなし40代が転職を成功させるかを解説しています。

この記事でご紹介している、40代おすすめ転職エージェント

転職エージェント

40代の転職活動に、転職エージェントの活用は欠かせません。

求人サイトを利用して自分で求人を探してみても、正直なところ満足いくだけの求人数、仕事は見つからないのでは、と思います。

また求人に応募したとしても、書類選考に通過するのも大変です。

30代にも転職活動をした経験がある方は、40代になってからの書類選考通過率の悪さ、厳しさに愕然とするかもしれません・・・

転職エージェントを利用することで、履歴書や職務経歴書の書き方(40代向けの書き方)のアドバイスを貰えること、面接対策も受けられます。

また、転職エージェントを利用する大きなメリットの一つが、推薦状です。

自力で転職活動をするよりも、転職エージェントを利用した方が内定率が高いと言われるには、理由があります。

ぜひ40代向けおすすめ転職エージェントを利用してみてください。

などがあります。

40代スキルなし、でも転職はできます

40代 転職希望の男性
今まで働いてきた中で、スキルといえるスキルが無くて・・・でも今の会社で退職まで働くのは辛い。ラストチャンスだと思って今のうちに転職しておきたいな・・・

自分のスキルに自信が無いけれど、40代が最後の転職チャンスだと思って、今の間に転職をしたい、という方は多いと思います。

40代、普通に考えれば転職は最後、という意識をお持ちの方は多いでしょう。

しかし、スキルに自信が無い・・・という方も同時に多いかもしれません。

自分ではスキルが無い、自信が無い・・・といった方でも、今までの経験を言語化していくことで、スキルとしてアピールできるものが見つかるケースは多いです。

自分では気づいていないだけでお、他者からは評価されるスキルを盛っている、という可能性があります。

それに気づくには、しっかりと今までの仕事の経験を棚卸することが必要です。

じっくりと時間を取って、これまでの仕事経験を振り返りましょう。

気づいたことは、どんどんメモしていくことがポイントです。
後から、付随する経験、能力的なこと、実績などもメモを付け足していきましょう。

華々しいことでなくても構いません。

それが後から職務経歴書を作るときにも役立ちますし、転職エージェントに登録をした際にも伝えるべきポイントになったりします。

40代スキルなし、転職が難しい理由

40代の転職が難しい理由

40代スキルなしの人材の場合、どうしても転職は難しくなってしまいます。

同じスキルなしでも20代はまだまだ転職できる可能性があります。

どうして40代スキルなし人材が転職が難しくなってしまうのか。
その理由を知ることで、転職成功のための対策を立てることが必要です。

40代歓迎の求人は元々少ない

そもそも40代を歓迎する求人の絶対数が少ない、ということがまず大きな理由として挙げられます。

そして、その求人の大部分が未経験歓迎ではありません。

何らかの専門性、スキル、豊富な経験を持っている人材か、マネジメント経験がある40代を採用したいと考える企業が多いのです。

40代で未経験歓迎の仕事は、正直なところあまり人気がある職種ではないと言えます。

人手不足と言われるITエンジニアも、40代から未経験で異業種転職するのは至難の業と言えます。

今は求人募集や採用において、年齢制限を設けるのは原則禁止となっています。

しかし、長期キャリアの形成といった理由から、35歳未満といったように年齢制限をかけて採用する企業は多いです。

スキルなし、ということを考えた場合。

企業としては20代、30代、40代と比較をするとやはり、若い人を採用することを優先します。

年齢が若い方が、長く働くことができますし、賃金を低く抑えることができる、といった人件費の問題もあります。

40代は求人が少ない上に、未経験歓迎となるとかなり職種が限定されてしまう、というのが現実です。

40代にはマネジメント経験が求められる

40代の転職、面接

転職活動の際、年齢によって求められるものは変わってきます。

20代は未経験でも伸びしろがあるため、やる気や人柄だけで採用して貰えるケースは多いです。

30代もまだまだ未経験歓迎の求人が増えてきました。
その背景には、高齢化があります。

30代の人材でもまだ若手。
スキルなしでも将来性を期待して採用する企業が増えているのです。

しかし、40代になると事情が変わってきます。
マネジメント力がある人材を求める企業が増えます。

もしくは専門知識や専門的なスキルがある人材を採用したい、ということで門が狭まるのです。

未経験でも頑張ります!

ということが通用する年代ではありません

即戦力であることに加えて、組織をマネジメントできる人材なら採用したい、という風に舵を切る企業が多くなります。

40代でマネジメント経験が無い場合、転職活動を始めてもなかなか面接に辿り着くことも難しくなってしまいます。

40代でスキルなし、しかし経験はある

40代の転職

40代でスキルなし、と自分では思っていても、これまで働いてきた経験があります。

この経験を振り返って、しっかりと棚卸しをしてみると十分に他者から評価されるスキルだと言えるものが見つかる可能性はあります。

時間を取って、今までの仕事の経験を振り返ってみましょう。

新社会人時代から今まで、どういった仕事をしてどんな経験を積めたか。
どういったスキルを身に付けることが出来たのか。
スキルといっても様々なスキルがあります。

対人関係のスキル、PCスキル、問題発見・解決のスキル、交渉のスキル、どういった経験を積んできたのかを考えることで、自分に備わっているスキルを再発見することができるかもしれません。

企業が採用したい40代はどんな人材かを知る

人材採用をする際、どうしても20代のみ、30代まで、と決めている場合は別ですが、40代でもスキル、経験によっては可といったケースもあります。

その場合、どういった40代人材を企業は採用したいと考えているのかを、理解することも重要です。

自分の過去の経験、実績から企業が採用したい人材像と一致する部分があるかどうか、考えてみましょう。

マネジメント経験、スキルなしでも、プロジェクトの新規立ち上げ経験、撤退の後処理も重要な経験と言えます。

問題発見・解決、ネゴシエーションの経験などもあれば強みになります。

もし一致する部分がある場合、それをしっかりと膨らませることが必要です。

職務経歴書でも記載することはもちろん、面接でもしっかりとアピールできるようにしておきましょう。

もし、やはり自分ではアピールできる経験を見つけられない、といった場合には、転職エージェントを利用してカウンセリングを受けてみることもおすすめです。

その過程で、強みが見つかることも多いです。

転職エージェントは求職者が転職に成功することで売り上げとなります。

求職者の強みを発見し、転職成功に導くスキルに長けていますから、自分では気づかない強み、スキルを見つけてくれることもあります。

40代の転職支援にも実績があり、おすすめ転職エージェントとしては、

などがあります。

ぜひ活用をおすすめいたします。

40代、マネジメントスキルなしの転職は厳しい?

40代に対して、企業はマネジメントスキルを求めることは多いです。

しかし、そうした求人ばかりではありません。

管理職経験が無くても、チームリーダーとしての経験、リーダーシップを発揮したポジションでの活躍経験などがあれば、評価してもらえることはあります。

それプラス、どういった経験がありスキルがあるか、総合的に判断することになります。

コミュニケーション力も重視されます。

40代は組織の核となる年代とも言えます。

たとえ中途採用の人材であっても、徐々に組織、人に慣れていきコミュニケーションを円滑に取ることが期待されます。

40代の転職では、自分の強みを発見して、それを最大限にアピールすることで内定獲得につなげていくことが必要となります。

市場価値を確認してみることが重要

転職を考えた時、自分の市場価値を知ることが重要です。

市場価値をある程度であっても知らなければ、採用の見込みがない企業の求人にばかり応募を続けてしまうことにもなりかねません・・・

転職市場で考えた場合、自分を商品としてどう売るか。
買ってくれそう(採用してくれそう)な企業を探す基準として、自分の市場価値を知ることが重要となります。

とはいえ、自分の市場価値を知るとはいっても、自分では分かりませんよね。

そのため、方法として一番のおすすめは転職活動をスタートし、

のような転職エージェントを利用する方法があります。

転職エージェントを利用することで、どういった対応をしてもらえるかでまずは市場価値がある程度分かります。

積極的に求人を紹介してくれるのか、あまり紹介して貰えないのか。

どんな求人を紹介してくれるか、によっても市場価値を知ることができます。

自分の市場価値を定期的に知るために、転職エージェントを利用している方もいます。

転職エージェントに登録をしても、必ず転職しなくてはならない、といったとはありませんからね。

もちろん、良い求人があればじっくり話を聞いて、転職を検討するのはありです。

40代の求職者の場合には、良い求人があったら転職を考えたい、とった方は少ないと思いますが、全体としては「まずは話を聞いてみて、良い求人があったら転職を考えたい」という方が多いということです。

転職エージェントはすぐに転職をしたい時にも活用できますが、自分の市場価値を知るためにも有効な方法です。

おすすめは、先ほどもご紹介をした、リクルートエージェントです。

求人数が業界最大級、非常に豊富な求人数を誇っており、あらゆる業界・業種に対応できる転職エージェントです。

鉄板の転職エージェントといって良いでしょう。

ぜひ活用をおすすめします。

今までの経験を評価してくれる転職先を探してみる

特筆すべきスキルがなくても、今までのあなたの経験を評価してくれる企業があるかもしれません。

採用活動を行っている企業は、人材を中途採用することで何かしら、課題を解決しようとしていることがあります。

年齢的にスタッフの円滑なコミュニケーションが取れる現場のリーダーとしての役割を期待したい。

営業経験が豊富な人材を採用したい。

新規事業立ち上げの経験がある人材を採用したい。

など、企業それぞれに課題があるものです。

そうした内部情報を持っているのが、転職エージェントです。

そこに当てはまることができれば、十分に内定を貰える可能性があります。

スキルがあると転職活動は有利に進められることも多いですが、40代という年齢を考えると、経験も生かして転職活動を行えると強みとなります。

40代スキルなし、転職エージェントに登録する際のポイント

40代の転職は転職エージェントの活用がポイント

40代の転職活動、強い味方になってくれるのが転職エージェントです。

自力で転職を目指す場合。

転職したい業界・職種が未経験OK、人手不足で40代、50代でも転職しやすいと言われる仕事であれば、転職エージェントは利用しなくて良いと思います。

ハローワークやリクナビといった知名度の高い求人サイト、他には地元に根差した求人サイトなどを利用しても十分に仕事を見つけられるでしょう。

しかし、今までの経験を活かして転職先を見つけたい。

あまり年収ダウンをせずに転職先を見つけたい、ある程度は規模の大きな会社に転職したい、新しいチャレンジができる企業に転職したい、といったような場合には、多くの業界・業種の求人を取り扱う大手転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

その際、ポイントがあります。

転職エージェントがアポイントを取りたくなる40代転職希望者になる

40代の転職に対して、転職エージェントも対応が塩対応となるケースもあります。

転職エージェントに登録をしても、担当コンサルタントが付かなかったり、ご紹介できる求人がございません、とやんわり断られたりすることがあります。

転職エージェントもボランティアではありませんから、転職成功の可能性が低い登録者に対しては冷たい対応が取られることがあるのは仕方ないとはいえ、切ない・・・

それだけ、40代の転職はハードルが高いのです。

40代でスキルなし、という状況で転職エージェントに登録し、対応をしてもらうにはどうすれば良いのでしょうか。

40代の転職は、今までの経験をまとめ職務経歴書でアピールすることが大切

それにはやはり、企業が40代に求めることを明確にし、今までの経験をまとめアピールできるものにすることが必要です。

スキルが無いと思っていても、経験をしっかり棚卸することで、その経験を評価してもらえる可能性があります。

仕事を着実に成果に向かって進められることも、アピールになります。

新規プロジェクトを華々しく成功させた、売上No.1の成績だった、などなくても転職できます。

40代の転職では、職務経歴書の書き方が大きなポイントとなります。

転職回数が多い方は、直近から書いていく方法が適しているでしょう。

職務経歴書って書き方の基本はありますが、採用担当者に分かり易く必要な情報をまとめることが、とても大切です。

プレゼン能力を見られているといって良いでしょう。

自分を売り込むための重要な書類になりますし、エージェントも職務経歴書を見てコンタクトを取るかを判断していることもあります。

職務経歴書や履歴書などは書いた後、日を改めて見ることで、伝わりやすさなどを客観的に考えることができます。

40代におすすめの転職エージェント

40代の転職活動に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職活動で圧倒的に求人数も取り扱っている、鉄板の転職エージェントです。

求人数は業界トップクラス、あらゆる業界・業種の求人が見つかるといっても良いでしょう。

非公開求人が多いため、登録をおすすめします。

40代スキルなしの方も、リクルートエージェントであれば圧倒的な求人の中から、応募可能な企業を探すことも可能です。

ぜひ登録をして、多くの求人情報を得てみてください。

全国の求人を取り扱っていることも強みです。

⇒ リクルートエージェントに転職の相談をしてみる

DODA

DODA

DODAは業界大手の転職エージェント。

リクルートエージェントとDODA、転職活動をしようと思った時、どちらかを思い浮かべる40代の方は多いのではないでしょうか。

DODAも全国対応で地方都市の求人を多く取り扱っています。

転職サイトとしての機能も持ちますし、エージェントを利用して求人紹介を受けることもできます。

DODAは親身にサポートをしてくれた、といった口コミ・評判が多く、私も40代での転職活動時には非常にお世話になりました。

求人紹介時の情報も詳しく、応募して選考が通過する可能性があるかどうか、なども判断するための情報を貰える場合もあります。

全く選考が通る可能性が無い場合、企業と求職者の時間が無駄にならないようにということになります。

書類作成や面接対策、入社までのフォローもあります。

40代の転職活動もサポートしてもらえる転職エージェントとしておすすめです。

⇒ DODAに転職の相談をしてみる

スキルなし40代の転職で注意したいポイント

40代スキルなしで転職活動をする際に気を付けたいポイントがあります。

年収が下がることが多い

転職できたとしても年収が下がることが多い、ということです。

年収アップに成功するのは実はそう多くはありません。
まして40代、年収アップの転職に成功するにはスキル、実績、専門性、マネジメントスキルなど複数の要因が必要となります。

企業から、ぜひ来てほしい!他の企業に行かず自社でなんとしても採用したい、といった評価を受ける必要があります。

不採用になっても諦めずに転職活動を続ける

40代の転職活動は簡単ではありません。

1社目で希望通りの転職に成功する、といった方は稀です。

10社、20社と受けて面接に数社通れば良い方・・・といった方が多いのが現実です。

数社応募して不採用になったとしても、縁が無かっただけと気持ちを切り替えて、転職活動を続けていきましょう。

不採用が続いたとしても、転職したいという決意があるのでしたら、諦めずに応募を続けること、行動することが重要です。

40代の転職におすすめ転職エージェント

40代の転職におすすめ、転職エージェントを最後に改めてご紹介します。

上から順に求人数が多く、様々な業界・業種の求人があります。

スキルなし40代の転職活動では、できる限り求人情報を得ることも大切です。

絞り込まず、応募を検討してみてください。

といった転職エージェントは40代の転職活動にも情報量が多く、ぜひ活用していただきたいです。

40代スキルなしの転職は、ハードルは高いですが決して無理ではありません。

私も現に44歳で転職に成功しました。

ぜひ諦めずに転職活動を行ってください。

-40代 未経験の転職
-,

© 2022 40代の転職 厳しい転職活動を成功させるには Powered by AFFINGER5